窓の断熱リフォームの威力!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログ

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

家族の命を守る家 ロイヤル住建

営業の金山です!

お久しぶりです(*_*)

最近忙しくて書けませんでしたすみませんm(__)m

 

早速今日のお題は!!!!

 

【リフォームでどれだけ家の性能が変わるのか】

です!!!!

 

金山は今、奥さんのおばあちゃんと一緒に暮らしているのですが、

家が築40年?以上の住宅で、窓の性能が昔のものなので、あまりいいものではありません。

現状だとどうしても家の中が寒く、真冬だと室内温度が3℃~6℃まで下がります

高齢のおばあちゃんにとっては非常に厳しい環境です( ノД`)シクシク…

そこで『スマートウェルネス』を利用して補助金を受けつつリフォームをかけました!

工事内容ですが

  • 一階居室の窓を全て高性能窓サッシに入れ替え
  •  ガス給湯器から電気温水器に入れ替え
  •  ポーチ部分のバリアフリー化
  •  手すりの設置

以上4点のリフォームをかけて工事が終わり一か月以上経ちますが、感想はこれにつきます。

『こんなにも変わるのか( ゚Д゚)』

何が違うか?

  •  リフォーム以前はエアコンを30℃ほどに設定してなんとか暖かい状態でしたが、
  • 窓サッシを変えるだけで、25℃の温度設定で室内温度は20℃近くまで保てるようになりました。

その証拠にリフォーム前の窓とリフォーム後の窓の表面温度をサーモグラフィーで計測してきました。

それがこちら

リフォーム前の窓の表面温度です。なんと表面温度は【7℃】^^;

そら寒いわ( 一一)

そしてこちらがリフォーム後の温度です。

この窓はガラスのみの交換です。(サッシはそのままのアルミ)

それでなんと【13.2℃】約2倍近い温度を保てています( ゚Д゚)

窓の性能でこんなにも変わるんだと実感致しました(__)

 

それだけではありません!!

  •  光熱費が大幅ダウン!!

 

毎月電気代 約18,000】【ガス代 約1万円】【水道代 約1万円

合計 約3万8000円も光熱費として払っていた(*´▽`*)コワスギ

 

光熱費がリフォームをかけたその月からな、な、な、な、な、な、な、な、な、なんと!!!!

電気代 約1万円】【ガス代 約2,300】 【水道代 約6,000

合計 約18,300円!!!!

19,700円のダウン!!!!

この結果には衝撃を受けました( ゚Д゚)

 

【窓】と【ガス給湯器から電気温水器に変更】するだけでこの金額の違い・・・。

元の光熱費が高すぎるということもありますが、衝撃すぎて言葉を失いました・・・。

年間で約23万6400円も光熱費削減になりました( `―´)ノ

このお金で旅行に行きたいと思っております(*´Д`)ウハウハ

如何に省エネルギー性が高いものを取り入れる事で、大きく節約になります。

日頃から節約を頑張って家計を支えている奥様方!一度リフォームをしましょう!!

 

ではこのへんで( `―´)ノ

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。