MENU
MENU

岡田社長ブログ CEO BLOG

暑さに我慢 寒さに我慢 


投稿日:2017/08/28

こんにちは^^

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

【我慢強い流石の大和魂】

日本人の特徴として暑さに我慢し、または寒さに我慢をし光熱費を抑えるという

我慢比べが北海道や東北を除く地域で繰り広げられています。

私も小さいときにはよくエアコン我慢しなさいなどと注意をされ、暑いなか汗を掻きながら

または寒い時期は家の中でジャンパーを着てコタツで過ごすなどと普通の事だと思っていました。

今でも多くの方々がそういった認識ではないでしょうか。

 

 

 

【暑さ寒さは我慢するものではない!!】

光熱費高くなるとしんどいじゃん・・

ダメです 我慢しちゃ

暑さに耐え切れず熱中症になったり、寒い冬は凍えながら風呂や洗面にいってヒートショックになったりと

光熱費を節約するという意識がとんでもない事態を引き起こすことが実際によく起っています。

光熱費の節約によってそういった事が起ると返ってお金がかかります。入院や通院、最悪死にも繋がりますから、

なんにもいい事ありません。

 

 

 

【国が推す住宅ヒーロー】

そこで登場するのが高性能住宅です。

当社ではすでに標準仕様(空キレイズムの家)で夏涼しく、冬暖かい エアコン24時間運転でも光熱費が気にならない

しかも空気がキレイで花粉症が年々改善されていく

ほんとかよ・・・と声が聞こえてきそうですが、実際の光熱費データや温室度データを年中採取しているので

間違いありません。立地条件、間取りによっても光熱費というのは大きく左右されますが、当社で建てて頂いた

お家の光熱費を覗くと、年間10万円程度で住んでおられます。(たぶんどこかで節約してるだろうなー(笑))

 

 

 

【高性能住宅と言われるのは机上値に過ぎない】

省エネを公的に表すものとして、住宅性能評価や、低炭素認定住宅、長期優良住宅BELSなど

様々にあります。

国が定める値が日本を地域によって分割され、この地域はUa値(外皮平均熱貫流率)を出せば

認定しますよというもの

↑(区分 京都はⅥa Ⅵb 地域になります。)

ですから、熱伝導率が優れた断熱材や、窓を使えば簡単に通っちゃうわけです。

一番大切なのは、Ua値は当然ですが、実際の生活にちゃんと表れるのかということ。

実際に温湿度データや光熱費データを図っている会社は少ないのではないのでしょうか

2年程前に建てられた全国のZEH(ゼロエネルギーハウス)の過半数は実際にゼロエネルギーに達していないことが

調査で分かっていますので、ローコストのZEHというのは我々には到底理解できず、住んでみてどうなんだろうなーと

思います。

 

これからの家はCo2削減の意味もあり、高性能が重視されていきます。

まだまだ建てる側の認識も低い部分がありますが、適正価格で適正な省エネで適正な生活を送って頂きたいものです。

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい 

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします 

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法 

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい 

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建  

代表取締役 岡田 正幸