MENU
MENU

岡田社長ブログ CEO BLOG

ヒートショックゼロ月間!暖房は積極的に!


投稿日:2017/12/01

12月に入りました。深夜、早朝にかけてだかなり冷え込んできました。

ヒートショック ご存知でしょうか!

 

 

【ヒートショックは死に繋がる】

年間で、約17,000人(65歳以上)が入浴中急死されるという推計が発表されてます。

冷え込んだ脱衣所や浴室では急に体温が奪われ血管が縮んで血圧が上がる。湯船に入った直後も熱さ刺激となって血圧が広がって

急速に下がる。こうした血圧の急変動が意識障害に引き金になり、おぼれる恐れがあるという。

脳卒中などの発症につながるほか「湯に長く漬かることで熱中症もあり得る」とあります。

冬の入浴って怖い・・・寒いから、暖かい湯船に漬かってあったまろう!というのが普通だと思うのですが、大きな間違いのようです。

また、寒い風呂だから、ささっと熱い湯船につかろう!というのも体にはかなりの負担を与えてしまうようです。

予防策としては、浴室、脱衣場を暖めてやる事です。裸になる場所なので、暑くてもいいぐらいです。

リビングが28℃ならば、30℃あってもいいくらい

 

日本ではまだまだ脱衣場や、風呂場を暖房するという習慣は浸透していませんので、危険性はどこのお宅でもあります。

実際、寒い風呂に入っていたころ、湯船に漬かった時は鼓動が早くなり、上がったら立ちくらみをするという経験があります。

高齢の方はとにかく暖房を、高齢の方と同居、またはお知り合いがおられる

場合は注意をして暖房をしてください。

先日、研修でドイツに行った際に宿泊したホテルでは、全館暖房は当たり前で、脱衣場は一番暖かったです。外の気温は5°程度でした。
できるならば、温度差の無い家が一番いいという訳です。寒さへのストレス、体への影響 冬はいろんな病魔が潜んでいます。

当社では快適さと健康を考えて家づくりに励んでいます。もちろん、ヒートショックもその一つです。

どうかみなさん、お体大切に 暖房を積極的に行いましょう!

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい 

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします 

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法 

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい 

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建  

代表取締役 岡田 正幸