MENU
MENU

岡田社長ブログ CEO BLOG

BELSは既に標準仕様です 【省エネ新基準】


投稿日:2017/09/30

こんにちは^^

 

過ごしやすい季節となりました。

空キレイズムの家は年中半袖で過ごせるので、年中過ごしやすいですm(__)m

 

さて、BELSという言葉ご存知でしょうか

住宅など建築物の省エネルギーの性能を表す評価の一つとなります。

最近この制度ができてきており、これから標準なっていくんだろうなーという感じです(担当機関は、住宅性能評価センターなど)

有名なところで言いますと、長期優良住宅や、低炭素住宅も省エネルギー(断熱性能)に優れたものになりますが、

BELSはさらに上をいくものになります。

Building Energy-efficiency  Labeling  System 略してBELS(ベルス)といいます。

家の燃費を表すいわば燃費の見える化を実現したもです。

長期優良住宅や低炭素住宅の省エネ基準は、

既存のH25年省エネ基準からさらに10%削減した建物をいいます

簡単に言うと、今のみなさんの光熱費を10%削減しますということ。簡単に言いすぎです(;´・ω・)

 

【地域ごとに国が求める断熱性能】

さて、断熱性能の基準が都道府県で地域区分されています↓

この地域ごとに断熱性能を表す、Ua値(ゆーえーち)(外皮平均熱貫流率)熱の通りにくさ

を表す数値が決められています。↓

H25年基準の列が定められたUa値の数値で、低い方が断熱性能が優れているということになります。

さすが北海道や東北は低く設定されていますが、まだまだ世界に比べればいいほうではありません。

京都では0.87となっておりますが、寒い地域に比べるとやはり暖かい地域ですのでレベルは低く設定されています。

これが落とし穴・・・になりかねません また機会があれば書きたいと思います。

 

【ロイヤルのUa値を見よ!】

BELSはもっと細かく分類され、削減率により☆の数で表されます。

住宅では26%以上が☆五つとなり、最高表示となります。

低炭素住宅などの10%からさらに16%以上削減しなければいけないのでなかなか至難の業で、できる会社もそう多くはありません。

↓これが評価書になります

 

Ua値=0.28!!ドーン

北海道や東北で求める性能をしのぐ値

机上の計算ですが、実績と実データがあるので住みごこちも保障致します。

 

この技術で、当社所有の賃貸マンションでこのBELSの☆5を獲得しました。

太陽光発電を載せてますので、住民の方への電気代負担はありません。

超高気密高断熱で、賃貸とはいえ、省エネ、健康にしっかり拘って建てました。

写真がそろそろ出来上がってきますのでまたご紹介できればと思います。

 

省エネ、BEL、ZEH は当社にお任せください

株式会社ロイヤル住建 HP 宿泊体験受付中です

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい 

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします 

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法 

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい 

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建  

代表取締役 岡田 正幸