MENU
MENU

スタッフブログ STAFF

【知らなきゃ損!!補助金制度】


投稿日:2017/10/29

こんにちは。勉強の日々が続いております、今江です。

 

先日10月15日(日)は、不動産業界多くの方にとって、決戦の日でした。٩(●˙▿˙●)۶

年に一度しかない、『宅地建物取引士』の国家試験が行われました。

この資格は、一般消費者の方が安全に不動産購入をしていただけるよう、

ご契約の前に対象不動産の重要事項説明をさせていただく際に必要な資格となります。

例えば、この地域は建物の高さ制限があり、3階建ての建物が建てられないことや、

土砂災害警戒区域に入っているといったようなご説明を致します。

 

 

合格率が受験者全体の約15%になるよう、毎年合格点が変わりますので、

非常に難易度の高い試験ではあります。以前の『宅地建物取引主任者』という資格名から『宅地建物取引士』と変わり、

今回で3回目の試験となりました。法律関係の資格試験として、一般の方にも大変人気がある資格です。

 

年々受験者も増え、出題方法も難しくされているように思います。(・´ω`・)

合格発表は、11月29日(水)とかなり先にはなりますので、ドキドキされている方も多いかとは思います。

お客様にとって生涯で一番大きな買い物となり、法律も年々変わりますので、お客様が安全に売買できるよう、

業界全体として日々勉強を重ねていかなければと思います。

 

 

さて、今回は、これを知らなければ損する【補助金制度】についてです。

この補助金制度も、大々的にお知らせがあるようにも感じず、しかも始まったかと思えば、

すぐに予算枠が一杯になったからと終わり、いつどんな助成金があるのか、

一般の方が分からないような現状だと思います。

当社では、その点もお客様にしっかりとお伝えをし、少しでもお得に健康住宅を建てていただけるよう、励んでおります。

 

 

≪すまい給付金≫←クリックで詳しく

消費税率引き上げによる住宅所得者の負担を緩和するための制度。

収入が一定以下(消費税8%時は収入510万円以下が目安)の人を対象に、最高30万円まで国が現金を給付してくれます。

※収入の目安は、扶養対象となる家族が1人(専業主婦、16歳以上の子など)の場合のモデルケースです

対象となるのは、平成33年12月31日までに住宅引渡しを受け入居した人。消費税8%が適用される住宅取得者が対象となります。

 

 

≪ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業≫

ネット・ゼロ・エネルギーハウスの実現を目指すために、高断熱外皮、高性能設備と制御機器等を組み合わせ、

住宅の年間の一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなる住宅(ZEH)に対し補助する制度です。

ZEHについて←詳しくはクリック

ZEHビルダーによる設計・施工が条件です。ちなみに、当社はもちろん対応可能です!!

対象となるのは、新築住宅の建築主となり、補助金額は全国一律75万円(平成29年現在)となります。

 

 

ほんの一部のご紹介ではありますが、当社はタイミングが合うお客様には率先してお伝えをさせていただいております。詳しくは、担当スタッフまでお尋ねくださいませ。( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪