ホームインスペクター

ホームインスペクターは
住宅の「かかりつけドクター」

ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅全体の劣化状況や欠陥などを総合的にチェックし、メンテナンス箇所や修理が望ましい時期、修繕にかかる費用などを中立な立場でアドバイスする住宅診断の専門家です。

住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断方法など多岐にわたる知識や高い倫理観が必要なため、2009年より資格試験を実施しています。ロイヤル住建には、資格を持った住宅診断士が「公認ホームインスペクター」として活躍しています。

住宅診断ってなに?

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

ホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握することができます。診断の方法は、基本的に目視で、屋根・外壁・室内・小屋裏・床下などの劣化・疲弊状態を診断します。

こんなとき、ロイヤル住建のホームインスペクターにお任せください

家(中古住宅)を買うとき

  • 中古住宅を買いたいが、建物のことはよくわからなくて不安
  • 高い買い物だから、信頼できる専門家に見てもらいたい
  • 買ったあとどのくらい持ちそう?
  • メインテナンスは、いつ頃、どこに、どのくらいかかる?

家を売るとき

  • 家の状態を明らかにしてご提供したい
  • 売買後の建物に関するトラブルを未然に防ぎたい

ホームインスペクターがプロの目で建物を診断し、中立な立場でご報告します。

MERIT

  • 「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられます。
  • 安心して住むために、いつ頃、どこに、どのくらいのお金をかけてメンテナンスすればよいか、見通しをたてることができます。
  • 住宅の修繕箇所、改善点などについて、売主側にも根拠を持って知らせることができます。
  • 中立な立場で公正な診断を行うことにより、売主側との関係を損ねることなく、対応や説明を求めることができます。
  • 住宅の構造、設備など、本質的な性能がわかります。
  • 買主・住まい手の立場からみた報告やアドバイスを受けられます。
  • ホームインスペクションの報告書を、住宅の資産価値を保つための「家の履歴書」として残すことができます。

ロイヤル住建のホームインスペクターは内閣府認証NPO法人日本ホームインスペクターズ協会認定会員です。
是非安心してお任せください!

実際に診察してもらう!
ホームインスペクター診断の流れ

  • お問い合わせ・お見積り

    ロイヤル住建のホームインスペクターにお問い合わせください!詳細内容を確認し、お見積もりをいたします。

  • お申込み

    診断・お見積もりをご確認いただいたら、希望の診断日時を決め、お申し込みとなります。

  • 必要書類の送付

    家の平面図、立面図など、指定された書類がある場合は事前に送付をお願いする場合もあります。

  • 実施

    現地にお伺いをし、診断を行います。通常はご依頼者も当日の立会いをしていただき、診断結果をその場でご確認いただきます。

  • 報告書の送付

    今回のホームインスペクションについての報告書を送付します。報告書のなかで、不明な点や質問があれば何でもお問い合わせください。

  • お支払い

    全て完了後、ご料金のお支払となります。

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。