ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
介護事業

2018.09.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

家族の命を守るための家 ロイヤル住建の家 岡田です

 

ようやく涼しくなりました 外に出やすく、活動しやすくなりましたね!

下手なゴルフでも、涼しいと気持ちがよいです^^

さて、当社で取り組む介護サービス事業で、機能訓練事業があります

今既に開業しているのは、機能訓練型デイサービスですが、介護の中の介助の一つになります

 

介護サービスとは、介護を必要とする方が利用するサービスで、

市町村から介護認定審査会を経て要介護や、要支援などどの階級に該当

するか判定され、認定を受けることになります

介護サービス利用料のうち、利用者様の負担は1割、2割、3割と負担額は

収入によって変わります

私たちの事業もこの介護保険料を利用します

 

大阪府茨木市で開業している「きたえるーむ茨木太田」

昨年の5月から開業致しましたが、健康になりたい、長生きしたい という高い志の利用者様が多く、

早くも登録者数が170名にのぼり、大反響を頂いております。

運動器具を使った運動や、トリガーポイントマッサージ、利用者様の交流を

楽しみながらみなさん仲良く利用して頂いています 対象は自力で歩ける人がメインで、介護が必要な

方になります

 

介護と介助の違いはなんなのでしょう

介護の定義

老齢者や心身の障害者など日常生活を営む上で困難な状態にある個人を対象に、

専門的な対人援助を基盤に身体的・精神的・社会的に健康な生活の確保と成長、発達を目指し、

利用者が満足できる生活の自立をはかること

(日本社会事業学校連盟・全国社会福祉協議会施設協議会連合会 1988年)

介助の内容

には、介護の定義の中の一つと考えていいと思います

介助の内容には、食事介助 トイレ介助 入浴介助 移乗介助 更衣介助

歩行介助 など、身体的なものがあります。これが介護に含まれます

 

私たちきたえるーむ茨木太田は、健康寿命を延ばすため、介護の度合いを軽くする事

利用者様の目標には、介護を必要とせず一人で買い物にいったり、旅行に行きたいであったり、

トイレに行けるようになるなど、自立したいと思われる方がたくさんおられます。

実際に歩くスピードが速くなったり、一人で立てるようになったりと実感されています

 

これから100年時代といわれています

寿命が延び、働く時間が延びるということ

いつまでも健康に過ごしたい 誰もがそう願うと思います

介護によって、運動機能が回復し、いつまでも長く働けるようになる可能性があり、

この機能訓練デイサービスというのは必要なものだなと実感しています。

☆当社 営業部長の大道 まだまだ元気です(笑)

私たちの経営理念で

元気ある地域社会の実現に貢献するとあります

家づくりをはじめ、介護事業で地域のみなさんを元気で明るくしたい思いで介護事業に取り組んでいます

 

また、今年11月には放課後等デイサービスを開業致します

 

介護を通じ、地域の皆様と関わっていけたらなと思います

 

 

 

 

 

index