ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
毎年言ってますが、真夏が心配になる暑さでした;;

2015.05.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^

 

五月に入り、一気に暑くなって参りました・・・

 

僕のデスクは南側にあり、太陽の光が直撃してまして、とっても暑いです。。

 

シャッター閉めるなどして、対策をしないと、まるこげになってしまう(笑)

 

ここでちょこっと トリビアの泉(笑)

 

直射日光を受けた、外壁と、アルミサッシ、エアコンの室外機の表面温度は何℃あるでしょーか?

 

というのが問題。では早速・・・・

本日 5月2日 土曜日 13:00

外壁(サイディング目地)の温度 なななんと!! 53.3℃!! 直射日光があたるとこれだけ上がる!!

続いて、アルミサッシ(窓)

同日 同時刻  こちらは47.6℃!! あれ、アルミの方が熱くない・・・・

と思いますよね^^  触った感じもアルミの方が熱いのに・・・って思いましたよね?!ね!?

さて、これにはからくりがあります。

掌と、それぞれの接地面積が違うからです。サイディングは、一見まっすぐに見えますが、実は

凸凹 アルミに比べスカスカということ。なので触った感じはサイディングの方が熱くないのです。

続いて、横にあるエアコンの室外機

うあ!61.9℃ありました!!!

これは熱い!手を置いてられません!!

エアコンも夏に壊れやすくなるはずだわ!効きも悪くなりますし、少しの影でも作ってあげないと!!

 

はい、ということで、直射日光が当たる、外壁などはこの季節で50℃以上に達するということです。

真夏になったらどうなるんだろ・・・て思いますよね

ですから、断熱性能っていうのはとっても大事なのです。

 

もっと言うなら、断熱材の種類はよくても、施工する人間の技術がよくないとダメってことです。

技術が悪い例を挙げると、適当に切って隙間ができたまま蓋をするとか、裏表逆だとか・・・

この安易な施工がのちのちに大きな問題となります。

壁体内結露であったり、シックハウスであったり・・・

また、詳しく書きたいと思います

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index