1. トップ
  2. ブログ
  3. ハラスメント防止法の義務化
ブログブログ
BLOGブログ
スタッフブログ

ハラスメント防止法の義務化

2021.11.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ロイヤル住建営業部の石田和美です🤗

 

先日、初の個人インスタライブやらせていただきました!しかもコラボです😏

”私がSNSで発信する理由”をテーマに1時間楽しくトークいたしました。当社代表岡田も視聴者として参加くださり、タイムリーにコメントバンバン笑 次は一緒に参加していただこうかな、と思っています!笑

 

 

前回のブログにて

さて、突然ですが、あなたは現在何かを学んでいますか?前回のブログで、時代の変化とともに、これからは’個人の力’がとても大事になってくるという話をさせていただきました!

 

まだご覧になられていない方は、よろしければ覗いてみてください🤗

今求められている人材と家づくりで増えたお客様のご希望。

 

 

時代の変化・・・法律の見直し、改定、施行。はっきり言って、全て把握することは難しいですよね。けれど、企業となると別です。しっかりと対策を整えなければ、大変な事態になりかねません。

 

そこで、今回は当社でも対策を見える化し、従業員に浸透する必要のある定義「ハラスメント防止対策」について少し触れようかと思います。決して、現在当社でハラスメントが起こっているからではありませんよ笑 誤解のないように・・・

 

 

義務化になるってご存知でしたか?

これまでは、大企業では義務化となっていた「ハラスメント防止対策」2022年4月1日より、中小企業に関しても完全義務化となります。(これまでは、努力義務ですね・・・)

 

違反すると・・・社名公表などの罰則も設けられることになっています(現時点)

 

ちなみに、中小企業における定義づけは業種等によっても異なりますので、お勤め先がどこに分類するのかは検索してくださいね。下記は参考までに。

 

中小企業の分類

 

 

職場におけるハラスメントって?

定義の枠組みを大きく分類すると、厚生労働省は4つに分けて提示しています。

◉職場におけるパワーハラスメント

◉職場におけるセクシャルハラスメント

◉職場における妊娠・出産等に関するハラスメント

◉職場における育児休業等に関するハラスメント

 

枠組みは作られていますが、いずれも共有概念は同じです。

◆優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること

◆業務の適正な範囲を超えて行われること

◆身体的もしくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

 

この3つの概念要因が全て満たしている言動をハラスメントといいます。

客観的に見て、業務上必要かつ、相当な範囲で行われる正当な業務指示は該当しません。

 

 

ハラスメントの例

ハラスメントという言葉が世の中に浸透していますが、実際にどんな言動がハラスメントになるのかわかりますか?これって、どうなの?線引きがよくわからない・・・そんな時ないでしょうか?

 

発言する時も行動する時も、訴えられたらどうしよう・・・なんてビクビクしてお仕事することだけは避けたいですよね。先ほども書いたように正当な業務指示は該当しませんので、お仕事上必要な指摘や注意は間違っていたらきちんとしましょう。また、捉える方も冷静に判断しましょう。

 

よくある例・・・こんなことが該当するようですよ。一部、参考までに。

 

他にもセクシャルハラスメント・マタニティハラスメントなど事例は多々あります・・・

 

 

防止対策

そんなつもりはなかった・・・では済まされないこともあります。企業として予防・解決の対策はしておくにこしたことはないですね。

 

では、どのような取り組みを我々企業はしていくといいのでしょうか?

 

 

<予防対策として>

◉組織の代表・管理職がハラスメントに関して職場から無くすことを明確にして従業員へ示す

◉就業規則などで、規定(ルール)を設けガイドラインを作成する

◉現在の実態をアンケートなどで把握する

◉ハラスメントに関する研修や教育を行う

◉取り組みや方針を周知・啓発する

など

 

<万が一起こった場合の解決策として>

◉企業内・外に相談窓口を設置し、すぐに対応できるようにしておく

◉職場内で対応責任者を設けておく

◉再発防止として、記録や改めて研修を行う

など

 

 

 

全員・全体で取り組もう

あくまでも取り組み方は企業ごとになりますが、ガイドラインを作成して形にしたとしても従業員一人一人に浸透し認知されていなければ全く意味をなしません。

 

就労規則をはじめとする企業での取り組みは、時間をとって十分に繰り返し伝えていきたいですね。目の前の仕事が忙しくてなかなかこのような時間を取るのは難しいかもしれません。けれど、必要で大切なことです。企業理念の一つに組み込んでもよいくらいかもしれません。

 

ロイヤル住建では、入社研修にこの「ハラスメント防止対策」を追加しようと思っています。

 

気持ちよく、笑顔でお仕事できる環境は会社全体で作り上げることが大切ではないでしょうか?

決して厳しく罰するためにするものではく、より良い働き方ができるように行うものにしたいです。

全員が参画意識を持って取り組めるよう、私も先陣きって発信していければと思います。

 

当社のビジョンの中に、「利己よりも利他の精神」というのがあります。この精神を常に心がけていれば、決してハラスメントなんで起こらないのではいかな・・・と私は思っています。どんな時も相手を喜ばせる、思いやる気持ちを忘れずに。これにつきます。

 

企業・組織づくりは個人の成長で大きく変わります!また何かしら情勢に関する情報があればブログで紹介できればと思います!!

 

 

 

土地・新築・建替・分譲などお家に関するご相談

除菌・消臭・口臭ケアなど衛生商品に関するご相談

お問い合わせはコチラから(⌒▽⌒)

 

 

ロイヤル住建の新型コロナウイルス感染症対策はこちら https://royal-juken.jp/ion-e-air-mistpro/

資料請求、お問い合わせはこちら  https://royal-juken.jp/form/

現在販売中の分譲情報はこちら  https://royal-juken.jp/oursubdiv/

ロイヤル住建のお客様お家訪問はこちら https://royal-juken.jp/visit/

ロイヤル住建公式Facebookはこちら  https://www.facebook.com/royaljuken.smart/

ロイヤル住建 Instagramはこちら  https://www.instagram.com/royaljuken/?hl=ja

\ロイヤル住建youtubeチャンネル/
https://www.youtube.com/channel/UCZTyIUcfQRWCbWnkvcDxG5w 

↑真面目なチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCrBufPwhSDUnBuO2xSb3TZA

↑ちょっと遊んでます

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒607-8146 京都府京都市山科区東野舞台町47−3
070-5341-0807

 

 

 

 

 

index