1. トップ
  2. ブログ
  3. 天空の秘境 チベットへ
ブログ
BLOGブログ
チベット
スタッフブログ

天空の秘境 チベットへ

2022.10.05

こんにちは。

はじめまして!建設部のコウです。中国の上海出身です。日本に来てから4年目になります。

今日私が思う中国で一番魅力のある場所を紹介したいと思います。

私がチベットが大好きで、何回も旅にいたことがあり、たくさん写真を取りました。

多分皆がチベットについて聞いたことがありましが、外国人がなかなか行くことが難しいので、チベットの秘境を紹介したいと思います。

 

チベットが中国南西部にあり、「世界の屋根」と呼ばれ、ヒマラヤ山脈に広がる高原です。

平均標高約4,000m(富士山3800m)で、空に近い、平地より空気も薄く、日差しが強く、まさに天空の地です。

雄大な荒野や宮殿を眺め、氷河の流れる山脈、遥かに広が草原では遊牧民が牛や羊、ヤクの群れと共に暮らしています。

眩しさと共に重たく迫る青い空、日に焼けた気高い人々、色鮮やかな曼荼羅……

穏やかで美しい天空の世界が広がっています。

 

中心都市ラサはチベット語で「神の地」を意味するチベット仏教の聖地。

チベット人なら誰もが、一生に一度は訪れたいと願う憧れの地です。

街では、毎日朝から晩まで、マニ車を回す人や、五体投地をする人を目にし、昔から変わらない信教深い人々の生活に触れるという印象も強く持ちました。

彼らの祈りから受ける感動は、言葉では表せません。

 

↓ジョカン(大昭寺)の前、五体投地する人たち

ジョカン(大昭寺)

↓チベット各地から来た民族衣装を着た人たちを眺めるのもまた楽しい

↓青空にはためくタルチョ

↓耳から離れない僧侶の読経

↓独特なお香の匂いやバター茶の微妙な味

 

確かにラサの街に、独特なお香の匂いやバター茶の微妙な味、青空にはためくタルチョ、耳から離れない僧侶の読経など、私の想像していた、「秘境チベット」は確かにそこにあった。

 

 

index