【クローゼット?】注文住宅の収納設備【ウォークインクローゼット?】

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、「注文住宅の収納設備」です。

家具や衣類、小物などがどこにあるかわかりやすく、すぐに出し入れできる住宅は、そこで暮らす人の生活を豊かなものにしてくれます。
時間を効率よく使い、ストレスなく日々を送ることができるでしょう。
注文住宅なら、最も便利と思われる設備を導入し、間取りを決定することができます。

しかし、具体的にはどんな収納設備を導入すべきか、迷っている方もいらっしゃると思います。
たとえば、代表的な収納設備としては「クローゼット」「ウォークインクローゼット」が挙げられますが、
「違いが分からない」
「どっちを選べばいいか分からない」
そのような方も多いでしょう。

というわけで、ここでは特に「クローゼット&ウォークインクローゼット」にフォーカスしつつ、住宅の収納設備についてまとめてみたいと思います。

■クローゼットとウォークインクローゼットの違い

そもそも、クローゼットとウォークインクローゼットの違いとは何なのでしょうか?

○クローゼット

服や小物などを収納できる棚やハンガーパイプなどが設置されている収納スペース。
奥行きは50~60cmといったところです。
注文住宅が完成したあと、突っ張り棒やカラーボックスなどを使って自作(DIY)することもできます。

○ウォークインクローゼット

棚やハンガーパイプなどで衣類や家具などを収納できる点は一般的なクローゼットと同じですが、「ウォークイン(Walk In)」という名前の通り、人が入って歩けるサイズである点が異なります。
1~2畳くらいの収納専用の小部屋と考えてもいいかもしれません。

■どっちが便利?

さて、以上のような違いを踏まえたうえで、それぞれの具体的なメリットを見てみましょう。

○クローゼットのメリット

それほど服や小物の種類が多くない場合、ちょうどいいスペースに収納できるので便利です。
スペースに場所を取らないので、住宅の床面積が少ない場合も導入しやすいところがポイントといえます。

○ウォークインクローゼットのメリット

広いスペースを用意できるのがポイントといえます。
さまざまな物を置けるので、たとえばクローゼットの中に立ってその日の服のコーディネートを決めたりすることもできます。
ただし、広いとはいっても1~2畳くらいが一般的なので、効率よく収納しなければゴチャゴチャしてしまう点には注意する必要があります。
不要な物を放り込む“物置き部屋”にならないよう、注意しましょう。

■適材適所で間取りを決めよう

以上のような特徴があるクローゼットとウォークインクローゼットについては、「適材適所」を心がけて間取りを考えてみるのがおすすめです。

たとえば、
・収納すべき荷物が少ない子ども部屋にはクローゼットを設置
・荷物が多い大人の部屋(夫婦の寝室)にはウォークインクローゼットを設置
このように、「どちらかを選ぶ」ではなく、それぞれの部屋に最適と思われる収納設備を設置してみると良いのではないかと思います。
ぜひ参考にしてみてください!

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。

v