注文住宅は屋根も大事!代表的な屋根の形と特徴を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅を建てるにあたって、多くの方が「屋内の間取り」を優先して考えるのではないかと思います。
部屋や家具の位置にこだわったり、毎日のライフスタイルに適した動線を確保したり、あるいは自分好みのインテリア・装飾で統一したりと、挙げればキリがありません。

しかし、「住宅の外観」も大切です。
特に、今回取り上げるのは「屋根」のこと。
屋根には、雨から家を守ったり、暑さ・寒さを防いだりといった役割があります。
加えて、屋根のデザインによって、建設費用やメンテナンス費用に大きな差が生まれることも……。

というわけで以下、日本家屋における代表的な屋根の形をいくつかピックアップ。それぞれの特徴についてまとめてみました。

■そもそも屋根の役割とは?

屋根は住宅の見栄えに大きく影響しますが、その一方で「住宅の安全性を高める」という重要な役割を担うパーツでもあります。
主な役割として、以下の3点が挙げられます。

①防水性・防風性:雨風から住まいを守る

②断熱性:強い日差しを遮断し、室内の温度を適温に保つ

③遮音性:豪雨や強風による音を和らげる

また、現在の屋根は不燃材料・不燃下地を用いたものが主流です。
これによって、万が一火事が起きた際、延焼を防ぐことができます。

■代表的な屋根の形①:切妻屋根(きりづまやね)

「屋根」と聞いて多くの方が真っ先にイメージするであろう、一般的な形がこちら。2枚の野地板を組み合わせた、いわゆる「三角屋根」です。

耐久性、防水性が高く、強い雨風に強いという特徴があります。
また、形状が三角形なので水はけがよく、雨水をすみやかに排水します。
そのほか、建築に使用する材料が少なく構造がシンプルであることから、建築費用やメンテナンス費用を安価で抑えられるというのも大きなポイントです。

ただし、多くの家屋がこのデザインを採用していることから、類型的な外観になりやすい点には留意すべきといえます。

■代表的な屋根の形②:片流れ屋根(かたながれやね)

その名のとおり、傾斜した1枚の屋根のみで構成されたデザインを指します。
通常、屋根の枚数に合わせて複数取り付けなければいけない雨樋(あまどい)を、1方向だけで済ませられるのがポイント。
建築時のコスト削減につながるほか、シンプルでスマートな外観に仕上げることができます。
シンプルモダンなデザインの家屋に適した形といえるでしょう。

また、小屋裏の高さを確保しやすいことから、ロフトや小屋裏の収納スペースを広く取れる点もメリットとして挙げられます。

その一方で、屋根に守られていない側の壁が劣化しやすい点に注意が必要です。
切妻屋根に比べて、どうしても強い日差しや雨風を直に受ける壁面が生じるため、適度なメンテナンスが欠かせません。

■代表的な屋根の形③:寄棟屋根(よせむねやね)

頂点から4方向に傾斜面を設けたデザインを指します。
日本家屋において、切妻屋根の次に多く見られるデザインであり、別名を「方形屋根(ほうぎょうやね)」といいます。
四方の壁すべてを日差しや雨風から守ることが可能です。
また、東西南北いずれの方角に向いている場合でも対応できるのが特徴です。
そのほか、雨や雪が降っても屋根の上に蓄積することなく、四方に分散して自然に流れる点もメリットとして挙げられます。
降水量、降雪量の多い地域におすすめのデザインといえるでしょう。

その一方で、雨樋を多く取り付けなければいけない点に留意する必要があります。
建築やメンテナンスにかかるコストが膨らみやすいほか、雨樋の色や取り付ける場所次第ではチープな外観になるおそれがあるので要注意です。

■代表的な屋根の形④:陸屋根(ろくやね)

一般的にイメージされやすい「屋根」ではなく、バルコニーのように平らな屋根を指します。
他のデザインと違い、屋上スペースを有効活用できるのが大きなメリット。文字通り、屋根の上を「陸地」として活用することができるわけです。
屋上庭園を始めたり、家族とバーベキューを楽しんだりと、使い方は多種多様。特別なプライベート空間を設けたい方におすすめです。
また、デザインがシンプルなことから、建築費用を比較的安く抑えられるという特徴もあります。

しかし、その一方でいくつか注意点があります。
たとえば、傾斜がないことから雨や雪を受け流しにくい点が挙げられます。
排水溝に異物が詰まると、さらに雨や雪が蓄積しやすくなるため、定期的に確認・手入れをする必要があるでしょう。
また、水が染み込みやすい木材は、基本的に使用することができません。
特に木造建築を考えている方は、この点に留意する必要があるでしょう。

■まとめ

いかがでしょうか。
今回は「切妻屋根」「片流れ屋根」「寄棟屋根」「陸屋根」の4種類について、それぞれ簡単にメリットや注意点をまとめてみました。
これらのポイントを踏まえたうえで、マイホームにピッタリな屋根の形を選んでみてください。

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。

v