オール電化?ガス併用?それぞれのメリット&デメリットをCHECK

このエントリーをはてなブックマークに追加

今や多くの家庭が採用している「オール電化」。
「電気とガスを併用する場合に比べて光熱費を節約できる」とよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。
また、「オール電化」と「ガス併用」を比較したとき、他の部分ではどのような違いがあるのでしょうか。

このような疑問に答えるべく、今回は「オール電化」と「ガス併用」のメリット・デメリットについて、それぞれまとめてみました。
これから注文住宅を建てる予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

■そもそも「オール電化」って何?

オール電化住宅とは、調理や給湯、空調管理などに用いるエネルギーをすべて電気でまかなっている住宅をいいます。

一般にIHクッキングヒーターやエコキュート、エアコンなどの機器が導入されますが、その中でも特に重要な存在として挙げられるのがエコキュートです。

エコキュートとは、空気の熱を利用してお湯を沸かすことができる電気給湯器のこと。
料金の安い夜間電力を使って夜中にお湯を貯めておき、そのお湯を日中に使うことで電気料金を節約できるのが大きな特徴です。
2001年に登場して以来、年々注目が集まり、今ではオール電化住宅に欠かせない機器のひとつになっています。

■オール電化のメリット

オール電化最大のメリットは、光熱費の中でも利用料金が高くなりやすい「給湯」「暖房」のコストを抑えられる点にあります。
エコキュートや蓄熱暖房機(夜間に蓄熱できる暖房機)を使って、電気料金が安くなる夜間に貯水、蓄熱をしておくことで、日中でもお湯や暖房を安く利用することが可能です。
オール電化向けの電気料金プランであれば、夜間の電気料金がさらに安く設定されているので、よりコストを削減できるでしょう。

ちなみに、ロイヤル住建が提供している「空キレイズム」をご利用いただくことで、エアコン代をさらに節約することが可能です。
「空キレイズム」は外の新鮮な空気を取り入れて換気するシステムであり、エアコンを使わずとも快適な室内環境を整えることができます。

また、
・太陽光発電システムを導入することで、一部の電力を自家発電で補える
・ガスや火を使わない分だけ、安全性が高い
といったメリットもあります。

■オール電化のデメリット

IHクッキングヒーターやエコキュートを導入するための費用は、一般に50~100万円といわれています。
また、寿命を迎えた機器を新調する際には、再び多額の出費をともないます。
このように、機器を導入するための費用が高額になりやすい点がネックといえるでしょう。

また、災害時に停電が起こると、すべての機能が停止してしまう点にも要注意です。
・エコキュートに水を貯めておく
・カセットコンロやクーラーボックスなどをあらかじめ用意しておく
といった対策を常日頃から意識しておくことをおすすめします。

そのほか、太陽光発電や蓄電池を利用して蓄電しておき、万が一の場合でも電気を使えるようにしておくのもひとつの手です。
ただし、太陽光発電・蓄電池を導入するためには多額の費用がかかるため、「予算的に可能であれば導入する」程度で考えておくといいでしょう。

■ガス併用のメリット・デメリット

続いて、ガス併用のメリット・デメリットを見てみましょう。

○メリット

特に大きいのが、「初期費用の安さ」です。
たとえば、ガスコンロにしてもガス給湯器にしても、IHクッキングヒーター、エコキュートなどに比べて設置費用を半額ほどに抑えることができます。
また、機器によって寿命が決まっている点は同じですが、買い換えることになっても少ない費用で新調できるでしょう。

そのほか、災害時に停電が起きたとしてもガスであれば変わらず使用できる点もメリットとして挙げられます。
オール電化のようにすべての機能が停止する心配がなく、最低限の対処ができる点は心強いポイントといえるでしょう。

○デメリット

ガスを使用するということは、同時に火を使うということでもあります。
そのため、火災の原因になるおそれがある点に注意しなければいけません。
特に小さいお子さんがいる場合は、火の近くにお子さんを近づけたり、お子さんに気を取られて火元から目を離したりといったことがないようにしましょう。

また、電気とガスの契約をそれぞれ別の会社で結んでしまうと、各利用料金が割高になりかねない点にも注意が必要です。
負担を少しでも減らすために、「電気とガスの両方を提供している会社と契約を結ぶ」、さらに言えば「お得なセットプランを用意している会社を探す」といったことをおすすめします。

■まとめ

いかがでしょうか。
以上、「オール電化」と「ガス併用」のメリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。

簡単にポイントをまとめると、
・オール電化は安全性が高く、一部の料金を節約できる反面、初期費用がかかる
・ガス併用は初期費用を節約でき、停電に強い反面、火災を招くリスクがある
といったことがいえます。

このように、それぞれに長所短所があります。
ご家族と十分に相談したうえで、ご家庭に適したほうを選ぶようにしましょう。

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。