ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
気密と断熱材の施工は家を長持ちさせるのに重要です

2014.07.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代を継がせてもらってから、数えてみれば
まだ1年と8か月だった!!

5年くらいがんばってた気がしてました(笑)

今35歳で、子供たちが5歳だから・・・・

後30年はがんばろうと思います(笑)


さて、写真ですが、お風呂の改修工事の解体後になります。
断熱材が見えてます。黒いところがカビであったり、汚れであったり
なんですが、断熱材の意味がなされてません。
この断熱材 グラスウールといって繊維状のガラスでなされてます。
この断熱材の中でも温度分布があり、露点温度に湿気が到達してしまうと
内部結露を起こしてしまいます。
羊さんのマークが描いてあるのが、気密フィルムになるのですが、
ただ入れてあるだけで、湿気は通通で、壁体内結露を無視してるような
施工になってます。
残念ながら、このような施工は今でもされてます。
新築工事や、断熱改修工事など現在されてるかたは、注意したいところ
とはいえ、施工者に注意をしてもなかなか分かってくれないのが現実。
わかってくれるまで御願いするしかありません!

夏涼しく、冬暖かい 地中熱を利用した快適空間
百年健康住宅 空キレイズムの家

空キレイズムについて

http://royal-juken.jp/kuukireizumu/
 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index