ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
家づくりは人間と同じ 中身(断熱気密換気)が大事

2020.04.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

コロナの影響に怯えてる経営者の一人 岡田でございます!

あ、先日youtuber デビューさせていただきました

うちの社長がMacBook Pro開封するので、編集でいじってみた

小生意気はスタッフがうまいこといじってくれてます 是非遊びにきてください!

家は人間と同じ 中身が大事 健康にならなければいけない

さて、家づくりのニーズで出てくるキーワードは、ローコスト、デザイン、耐震性 省エネ性能が

上ってきます。ローコストは、ほとんどの人が安く建てたいと思う人が多いのは事実

安く抑えられた!と自慢するのが日本人

次にデザイン住宅です これ、実は値段的にはローコスト住宅に分類される種類が多いですね

安くておしゃれ 理想的・・・なのかな?

あまり見たことない珍しい家 これがオシャレに見えてしまう マジックです

けど、ローコスト専門ではない僕たちプロからすれば、窓少ない!手抜いたな・・・これは安いやろうなー

断熱性能とか気密とか、数字はクリアしてても、中身は・・・なんて思ってしまうわけです。

外見はキムタク、中身はナダルみたいな・・違うかww

外見がいくらよくても、運動不足や、不摂生が祟れば早死にするのと同じで、

家も中身をよくしなければいけません 外観、内観ばかり気にするばかりに、寒い家、暑い家に

なってしまえば、そこに住む人はたちまち寒い暑いのストレスに悩まされてしまいますね

家は人間で例えると「体」人間は「血液」なのです

寒いと動きが悪くなり、暑いも動きが悪くなってしまうのです。分かりますね?

寒いとヒートショック、暑いと熱中症になりやすくなってしまうということです。

それが人体に大きなストレスを与えてしまうのです。

家の中身をよくするにはどうすれば?

ずばり、断熱材の性能と、気密の性能を上げて、換気計画をしっかりとできるようにすること

わかりますか?

・断熱の性能を上げるという意味は、

断熱材をしっかり隙間なく詰める事 厚くすること 密度が高いものを使う事

・気密の性能を上げる意味は、(気密とは 密閉して気体の流通を妨げ、気圧の変化の影響を受けないようにすること)

断熱材がしっかり詰まっている事を確認したうえで、ビニルフィルムなど貼る事

・換気計画は、密閉度の高い中に汚れた空気をため込まないために、効率よく換気できるようにすること

(超高気密住宅では絶対)

この三つです

この三つが揃えば、断熱材で、外の温度の影響を受けにくくでき、気密性能で隙間風や大気の影響など受けにくくでき、換気計画で常に綺麗な空気

を入替できるという事になります さらには、湿度も調整しやすくなるので、ウィルスや花粉などの予防もしやすくできます

上着や防寒具で考えてみましょう 値段が高いヤツはおしゃれかつ、暖かいですよね

けど、値段が安く、かっこよさだけの防寒具は、薄いし、中の綿やウールはまばらで、何かスースーして寒いんですよね

上着や防寒具でいくらかっこよくても おしゃれでも 有名でも、暖かくなければ一番に凍えて死んでしまいます

 

家づくりの事ならなんでもご相談ください

なんでも中身が大事って事ですね

ですから、デザインだけのローコスト住宅は、そこを注意しないと、寒い 暑い、シックハウスになる ストレスになる

に繋がりかねないのです・・・

家の寿命もやっぱり早くなってしまいます

 

やっぱり暖かく過ごせると、活動時間も伸びますし、動きもよくなりますものね

 

人間も、食事に気を付けたり、運動不足解消のため運動したりすると、ストレス発散できたりして人生イキイキと過ごせますものね

 

だから、家も人間と同じで、中身が大事になるという事になるのです 「血液」である住む人がサラサラに健康的に過ごすためにはね

 

空キレイズムの家は、超断熱 超高気密 画期的熱交換換気で住んで頂く皆様に日々快適に過ごして頂く

工夫を施しております

 

モデルハウスで是非超高性能住宅 超高性能な上着(笑)をご覧くださいませ

家づくりの事ならなんでもご相談ください

ロイヤル住建 岡田

うちの社長がMacBook Pro開封するので、編集でいじってみた 

youtube

 

 

 

 

 

 

 

index