ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
家が欲しい よしまず土地を買おう ちょっとまって!!

2017.05.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^

 

いい天気だと太陽光の恩恵が受けれてウキウキです。

草木が生い茂ります。気持ちも太陽のようにいつも明るくいたいものですね^^

 

【土地を決める前に】

さて、家を購入する際に何をするべきか、何に注意するべきかを考えたいと思います。

 

土地から買うのか、建替をするのか、建売住宅を買うのか

 

それぞれ気を付けないといけないことがあります。

 

今回は土地から買う事にスポットを当ててみようと思います。

 

必ず最初にしなければいけないのは、予算を把握する事です。超大事

当然何もわからないですから、いきなり不動産会社や工務店に相談に行くわけですが、

予め大体掴んでおかないと、時間が無駄になってしまうのです。

 

【土地にもいろいろ】

自己資金がいくらあるのか  親、親戚からはあるのか 

銀行からの借り入れはいくらできるのか 月々いくらの返済が可能なのか

など

これらの予算を掴む事で、土地はどこあたりで買えるのか、希望のエリアで買えるのか、

家はどの程度の大きさで建てられるのかが見えてきます。妥協点も見えてきますね!

さて、土地というのは相場というものがあります。都会か田舎で相場も違いますし、

駅から近いか遠いかでも変わってきます。面する道路の幅や、土地の形状にも価格は影響してきます。

その土地の用途地域や、景観法、さらには国の景気にも大きく関係してきます。

 

当社の地元でお話しますと、東海道線山科駅付近では、おおよそ1坪あたり70万から100万します。この時点で差があるのですが、

山科駅より北側は閑静豊かな高級住宅街となっており、建ぺい率、容積率も低く設定されており、条件が厳しい地域になります。

建ぺい率・・・・その土地に対して建てられる建築面積の割合

容積率・・・・・その土地に対して建てられる延べ床面積の割合

 

つまり、ある程度大きい土地でなければ希望の大きさの建物は建てれませんよという事

駅が近く、そのような土地ですから必然的に高くなるという事です。

 

希望のエリアがあっても、上記のような事があれば、たちまち予算オーバーになってしまうので、予め範囲を広めにしておいた方がよいかもしれません。

 

先日、当社のお客様で、土地だけを購入された方がおられました。

場所はとてもよいのですが、風致地区に設定されており、緑化計画が義務となる地域でした。

*ここは風致三種 さらには地元の大石神社景観地区にも該当します  緑化計画は高木3本、低木9本

外壁の色も選べる種類がすくない  玄関上の下屋根も道路に面する部分だけ設置しないといけませんでした

 

風致地区では、屋根を瓦にしなければいけない、下屋根を設けなければいけない、

和風建築にしなければいけないなどあり、緑化計画では土地の1割は植栽を植えるなどしなければいけないなど、

建物の価格に影響してくる場所でありました。

 

不動産会社が説明は行ったとは思うのですが、予算がオーバーし結局契約金放棄をし、契約破棄をされることになりました。

今回は景観法に関係しますが、落とし穴的な事例ですが最悪のシナリオです(´;ω;`)

 

気に入った土地があった!からといってすぐ購入せず、

土地を買うときは必ず事前に予算を掴み不動産会社や工務店に相談しましょうね!!

 

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index