部屋の中で洗濯物を干す

このエントリーをはてなブックマークに追加

社長ブログ

こんにちは!

洗濯物は大体、外のバルコニーで干す事が多いと思います

天気がいいし今日はよく乾きそうだわ♪

今日は雨かーーー 洗濯物乾くかなーーーー

あ、雪降って来た 寒いなー 外で干すの嫌だなー しかも乾きにくいしーー

こんな毎日を過ごしていませんか?

 

洗濯物は家の中で干すのがベスト

洗濯物が乾く原理 みなさんご存知ですか?

洗濯物に含まれる水分が、周囲の空気の中に移動する事で乾くことになります

洗濯物が乾く速さは、温度、湿度、風速によって変わり、温度が高いほど、湿度が低いほど、

風が強いほど乾きやすくなります なんとなくわかりますね!

そういった理由で、冬は温度も低く、湿度は上がりやすいので乾きづらい事になります

雨の多い季節が乾きにくいのは、温度は高いけど、湿度も高いから乾きにくい事になります

なるほど なんとなくわかっていたことですが、改めて見直すとよく分かります

つまり、温度が高く、湿度が低い 尚且つ風の動きがある という環境が

洗濯物が乾きやすい環境だという事がわかりました

外の環境で、洗濯物を干す時間、タイミングなど考えながら家事をするって、結構

ストレスになってしまいますね

他にも、外にはいろんな空気汚染物質が飛んでいます

花粉・排気ガス・PM2.5など 空中だけでなく、バルコニーの手すりにも付着していますので

外で干すのはデメリットの方が多いと思います

 

部屋干しはどの家でもいいという訳ではない?

部屋干し・・・といっても、古い木造の家や、アパート、マンションなどでは乾きにくい環境にあります

古い木造住宅は隙間が多いので、外から湿気や温度が出たり入ったり、自然にしてしまってます

ので乾きにくく、生乾きとなってしまいます

アパートは、論外で住めたらよいという造りが多いので干したらだめ 冬は結露してしまいやすくなります

マンションは、気密は高いのですが、湿度が高いのでやはりおすすめはできません

やはり部屋干しのできる家というのは、温度、湿度が一定で、換気機能が正常に働き、空気の移動がある事が、快適に物干しをできるという事になります

 

ロイヤル住建の家なら大丈夫 安心してください

ロイヤル住建の建てる家は、超高性能住宅

断熱性能、気密性能、換気性能 この三つを研究し、ベランダの無い、部屋干しおすすめの

家ですので、どんどん物干ししてもらいます

ここで感じるメリットは、外の環境に左右されない 決まった時間に干せる

空気がキレイなので、匂いもつかない

雨が降ろうが雪が降ろうが、風が吹こうが全く気にする事ありません

家事のリズムも一定にできて、計画的に効率よくこなせます

ほんとうかな?と思いますが

本当です!!

是非ご確認ください^^

 

 

 

 

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。