ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
ローコスト住宅の影

2017.03.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

花粉がきついような気がします。

風邪をひいてるのか、花粉症なのかよくわかりません・・・

 

さて、先日気になるYahooニュースがありました。紹介しようか迷いましたが、

住宅の建築を検討されている方のために紹介しようと思います。

某大手ローコスト住宅会社↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00001761-bunshun-soci  クリックでジャンプします

※決してローコスト住宅を提供される会社様すべてがこの通りではありません。

さて、ローコスト住宅を代表する会社が取り上げられており、欠陥住宅が続出と大変な事になっています。

そこには、会社の内部事情がサラッと書かれており、我々同じ業界のものとすれば、信じられないような、

まぁ、当然だなーと思うようななんとも心が痛む内容です。

ローコスト住宅を建てるのはこちらの会社だけではありません。

たくさんあります。

今回このニュースを見て、値段で勝負する会社ではどこでもありうるような内容です。

 

会社は利益を生み出し、発展していくものなので、当然赤字で家を提供するわけありません。

ネットで調べてみると、ZEHゼロエネルギーハウス仕様の延床24坪の建物でコミコミ998万円というものを見つけましたが、

坪単価に直すと41万円となります。

恐ろしく安いことが分かります。

 

さて、今回のニュースの内容に沿ってお話しますと、

現場監督1人あたりのオーバーワーク、大工など人員確保ができないなどが原因となっているようです。

とことん原価を追求するには、まず材料や住設など、大量仕入れをすることによりメーカー各種の掛け率が下げる事が

可能になる事があります。

 

しかしながら、これらの材料 特に材木などは時価となりますので、都度金額が上下することがあります。

また、建材など値上げをよくメーカーもしてきますので、限界があります。

 

会社はもっと原価を下げろと言ってきますが、現場では無理がでてくるのです。

そこで現場が考えてしまうのは、材料の使いまわしや、安く請け負ってくれる職人などを探し始めてしまうのです。

当然自社の人件費まで削ってしまおうという考えも出てくるのです。

 

当然安くなりますよね 原価は。

ちょっと考えてみましょう。

安く請け負ってくれる職人  これって、どういう事かわかりますでしょうか。

安く請け負ってくれる=仕事が無い?今職人不足って言われてるのにどうして安くしてまで仕事を請けるのかという

疑問がでてきます。全ては書きませんがそういう事なんです。

 

ですから、現場監督のオーバーワークにより現場確認ができない

安請負の職人も少しでも利益を出そうとして手を抜いてしまうという、悪循環が生まれてしまう訳です。

だから、現場監督も続かない、職人も逃げていくような事になってしまうんでしょうね

 

いかがでしたでしょうか

ローコストとはいえ、皆様の大切な財産です。しっかりと見極めて頂きたいところです。

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index