ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
快適すぎて、麻痺しそう・・・

2016.11.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

快適すぎて、麻痺しそう・・・

 

こんにちは

 

ブログ見て頂いてありがとうございます!

 

先日、宿泊体験していただいたお客様がこんな事言っていました。

 

「快適すぎて、麻痺しそう だって冬も家全体暖かいとなると、外が寒いかどうかわかんないし 日本には四季があるから季節を感じないような気がする・・」

 

これがまさに今の日本の家事情を語っていると感じます。(確かに当社の家は家全体を20℃以下にはさせず快適です。)

 

そう、家の中ではある程度に夏は暑いのを感じて、冬は寒さを感じる方がよいと捉えられます。

 

とんでもありません。夏は家の中でも熱中症  冬の寒さでヒートショックにぜんそくや、アトピーなどシックハウスの温床になりかねず、インフルエンザウィルスも活発に繁殖しだす環境になってしまうのです。

 

また、人体に影響を与えるだけではなく、大切な家も被害を受ける事になってしまうのです。

 

冬、寒い時期には窓がくもる事があります。これは結露が発生していると判断できるのですが、実は家が寒く、気密工事をしていないと壁の中でも結露が発生しているのです。

この事により、壁の中で発生した結露でカビが繁殖し、しらないうちに部屋の中に入ってきてしまい、ぜんそくやアトピーにつながってしまうのです。家の老朽化に向けてトップギアでかけ走ってしまう状態となるのです。

 

こういった経験はないでしょうか  洗面所や、普段使っていない部屋に冬にはいるとなんとなくかび臭い

これはまさに結露が始まり見えない所でカビが発生している可能性があるのです。

理由は、寒い部屋を作ってしまったから。湿気は蒸気分圧といい、寒い方にいくという特性あります。ですから寒い部屋に湿気が到達した瞬間に結露が発生してしまうのです。

ですから、家は全体に暖かくし、家族を守るものですから、快適に健やかに過ごさなければいけないのです。

 

ドイツの住宅  冬は最低気温18℃以上に保つ(浴室は24℃)といった法律があるようです。(日本では裸足文化ですから23℃くらいが快適かな)

 

ドイツのパッシブハウスに勉強に行きました。実際にゲストハウスに宿泊したときには、やはりお風呂は特に暖かく、居室についても快適に過ごせる温度でした。外の温度は5℃程度で真冬に近い季節でした。(10月末ころ)

 

 

家が暖かく快適すぎても、四季は感じれます!実際に空キレイズムの家に住んでいる私が言っているのですから間違いありません!

 

四季を感じる事よりも、家族の健康を重視しませんか?

 

宿泊体験、ご相談承ります!

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index