ブログブログ

BLOG

ブログ

スタッフブログ
ネット社会を生きる上で必要なこと

2020.07.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

金山です!

 

 

世界中でパンデミックにまでなったコロナウィルスの蔓延‥

本当に大変です‥

コロナウィルスでお亡くなりになる方より、経済の悪化で亡くなる方の数の方が多いような気がします。

このコロナウィルスの蔓延で思ったこと、学んだことがたくさんあります。

集団心理と情報操作の怖さ

 

この二つはコロナより数百倍恐ろしく、撲滅することのできない最強のウイルスだなと思います。

ネット社会というと、聞こえもよく、便利な世の中になったなーと思う方も多くいらっしゃると思いますが、便利になった分、もちろんいい方向にも悪い方向にも流れてしまうのは当然の流れです。

 

 

こんな状況だからこそ、ネット社会が裏目に出てしまっているようにすごく感じます。

昔の常識と今の常識は大きく異なります。

ひと昔の情報源で言うと、テレビ、新聞、直接聞いた話ぐらいしか情報を得る手段はありませんでした。

これはこれで怖いですが‥。

ですが、この時代の方が日本という国を統治しやすく、一般常識を簡単に作ることができます。

ある国では、外部からの情報源を全て断ち切り、独裁国家として成り立っていますよね。

 

すごく怖い話ですが、人間にとって常識外れなことが常識なんだと教えられれば、その人にとってはどんなことでも常識に塗り変わります。

一般常識なんてたかが人が勝手に決めたものです。

一般常識は時代と共に常に変化をしていきます。

例えば飲酒運転なんていい例だと思います。

昔は飲酒運転なんて当たり前で、飲酒運転が原因の事故なんて昔からあった話です。

それが今は、飲酒運転をする人を見かけたらどう思いますか?

「常識がない人だな」って思いませんか?

 

昔は、みんながやっていたから飲酒運転はやっていいことなんだ、少しぐらい許されるだろうぐらいだったと思います。

 

 

みんなやってるからやってもいいことなんだっていうのが集団心理ですよね。

これは子供も大人も一緒です。

これが時代の変化です。

今を生きる人達が、何故飲酒運転はしたらいけないことなんだと感じるようになったか。

テレビが大きく飲酒運転の事故を取り上げるようになって、飲酒運転に対する刑罰が重くなったからです。

(最近であったのでいうと高齢者の運転事故とかもいい例です)

 

これって裏を返せば、発信力を持つ媒体が一国の一般常識を変えるほどの情報操作を簡単にできるってことです。

(人間同士が生活する上での根幹的な常識を覆すのは難しいとは思いますが)

偏った報道は、情報操作をするにあたり、非常に効果的な手法であり、即効性を持ちます。

僕は、テレビを見るときもネットで情報を調べるときも一線置いて見るようにしています。

間違った情報、偏った知識は人を苦しめることが多い、情報を発信する方にもちろん責任がありますが、受け取り側にも情報が正しいかどうかを見極める力が必要です。

今の時代は知りたいことがあればネットを開けば、学校に通う以上の知識を得ることができる上、莫大な情報から自分の信じたい情報だけを鵜呑みにしてしまう傾向があります。

スマーフォンが出来て、一個人が発信力を持ち、誰の審査もなく、それが間違っている情報だとしても世界中にネットを通して発信することができる。

これってすごく怖いことだなと改めて思います。

善としてやっていたことだとしても間違っている情報を発信するということは時には人の命を奪うことにもなり得ます。

発信力を持つと言うことはその自覚を十分に持ち、慎重に発信しなければいけません。

それはテレビにも新聞にも個人にも言えることです。

それが莫大な支援があるスポンサーの有益になる情報ばかりをテレビや新聞で流していたとしたら皆さんはどう思われますか?

(今となってはこれも常識的な問題ですが‥)

僕も偏った情報を発信していますね笑

やめておきます笑

でもこれが資本主義社会の現実です。

慈善事業でやっているわけでは無いので、利益が上げないと潰れてしまいますからね。

だから国営をするべき事業というのはたくさんあります。

信じ難い話ですが、ネット活性化が進み、根拠は何もないのにコロナウイルスなんて無いと信じる人もたくさんいます。

そういった思考を他人に埋め込もうとする人たちもいます。

コロナウイルスがある無いは置いておいて、様々な意見があるとは思いますが、偏りすぎる思考を持つのは危険です。

 

情報が欲しいなら調べてもいいけど、自分が納得する理由が見つかるまでその情報を信じないこと。

それがこの時代を生き抜くには必須の力になってきます。

このパンデミックの中、少なくともネットがあるせいで、世界中の混乱がより激しくなってしまっているのも事実としてあります。

ネットを見ていると人の不安を煽るような投稿や、注意喚起を促す投稿、ちゃんと知識を持った人が実験をしてデータとして発信している人など本当に様々な物があります。

過剰になり過ぎてしまっている国も、人もたくさんいます。

国民の命を守るための政策にも関わらず、経済的に死ぬ人が増えたら本末転倒です。

国も本当に難しい判断だと思います。

 

最近は芸能界で悲しい事件がたくさん起こっていますよね。

誹謗中傷に耐えきれず自殺をしてまう人もいれば、何も気にしない人もいます。

人には十人十色の性格がありますので、当たり前ですね。

韓国では誹謗中傷で人を殺すことを指で殺す人と書いて指殺人(ゆびさつじん)といい社会問題に何年も前からなっていますが、改善される見込みはありません。

ネットを使う側の人間を制御するのは正直不可能だと思います。

匿名制度をなくすなど様々な議論が上がっていますが、そんなことをしても100%なくなりません。

ネット社会と一緒に生きることは露出をしている人間にとっては、非常に生き辛い時代だなと思います。

まぁつらつらと思ったことを書きましたが、テレビしか見ない!って方、テレビを見ずにネットばかり見ている方は両方を見た方がいいですよ。

 

疑問を抱いている方は多いと思いますが、ネットで盛り上がっているニュースとテレビで盛り上がっているニュースは違うことが多いです。

 

何故かは先ほど説明した通りです。

 

 

だから両方見ることをお勧めします。

 

 

ではこの辺で(*´ー`)ゞ

 

 

index