ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
家全体が暖かくなると、必要なくなるもの 使わなくなるもの

2016.01.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

断熱性、気密性を上げる事で、夏涼しく、冬暖かくなる

これはもう数年前から話してきました。

冬、ご家族の健康のため全館暖房を当社は推し進めてきており、

実際にそのように住んで満足して頂いてますが、

家全体が冬暖かくなると、必要なくなる、或は使わなくなるものが出てきます。

 真冬でも家の中が20℃以上なので、当然といえば当然なのですが、冬は寒いものですから

なかなか気づく事ができません。

私も空キレイズムの家に住んでいますが、必要なくなる、使わなくなるものを紹介したいと思います。

①床暖房

空キレイズムの家は気密が高く、断熱も優れているので、熱の逃げようがないため、足元が冷えません。

室温がどんなに外が寒くても20℃以上なので、床もそれに近い温度になります

また、床暖房は、足元が冷えるため開発された商品で、足元が冷えない場合は必要ありません。

設備にもお金かかるし、ランニングコスト、メンテコストもかかるので、省エネの時代に真っ先に消えていくのは床暖房かもしれません。

②こたつ

日本人は、光熱費がもったいないからエアコンなどなるべくつけずに過ごすといった行動をします。しかし、光熱費を気にしないほど安く抑えられるなら、エアコンを存分に使って頂けると思います。

そうすれば、室温が20℃以上にキープできるので、必然的にこたつは出したとしても、すぐに片づける事になります。ホコリの温床にもなりかねないので、必要ありません。

③暖房便座

通常、トイレって寒いですよね

特に、換気のため少し窓を開けているかたもおられると思います。換気扇があるので、開ける必要なありません。匂いが気になるとなると、換気扇は機能していない事になります。

わざわざ寒いトイレ空間を作る必要もありません。結露する原因になり、ほこりやカビが発生します。

 空キレイズムの家は、トイレの窓は開かない窓を付けます。明かり取りの意味のみです。

 もし開ける窓を付けたとしても、開ける事をおすすめしません。

外の空気が中に入ってきて、結局匂いが充満してしまうからです。超高気密なので、換気扇が100%機能しています。

本当ならば、窓は必要ありません。

話それてますが、トイレが寒いと、便座に座るのがとても嫌ですよね  空キレイズムの家は、その心配がありません。室温と同じくらいの温度になります。

④羽毛布団

全館20℃以上なので、羽毛布団は必要ありません 汗かいてしまいます・・・

私の子供は、Tシャツに、短パンで寝ています(笑)

⑤浴室暖房器

これも必要ありません。お風呂は裸になるところなので、特に暖房が必要ですが、空キレイズムの家はお風呂も全館暖房のうちなので、余計な設備はいりません。

浴室暖房器のような局所暖房は、寒い家にはとても重宝されますが、常に電源をいれとかなければ、冷やされたお風呂や洗面はなかなか暖かくなってくれません。

⑥お風呂の天井

お風呂の天井 必要ありません

湯気で天井濡れちゃうじゃん!いえ、家の空気、壁、天井は結露点以上に暖まっているので、濡れないのです。

と、いうことは・・・・湯気が発生しないということなんです。湿気だけを家全体に行き届くように工夫をし、湿度を

コントロールします。

天井の高いお風呂  露天風呂みたいでいいですよー

上記の通り、実際に住んでて感じました。

家が暖かいおかげで、妻の友人たちが集まったり、子供の友人たちが毎日のように遊びにきて大賑わいです。

家づくりで一番大切な事は、家族の団らんを育み、家族が快適に健康に住めることです。

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index