「注文住宅」と「建売住宅」の違いとは?メリット&デメリットまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建ての住宅は、「注文住宅」「建売住宅」という2種類に分けることができます。
今回は、それぞれの特徴やメリット&デメリットについてまとめてみました。

■注文住宅と建売住宅の違い

○「建て方(買い方)」の違い

「注文住宅」「建売住宅」の定義は、簡単にまとめると以下の通りです。

注文住宅:購入した土地に、こだわりの住宅を建てる
建売住宅:土地とセットになった住宅を購入する

まっさらな土地を購入し、その上に間取りや設備、建材などにこだわった住宅を建てるのが注文住宅です。
家族の希望を反映させ、理想のライフスタイルを実現する住宅を手にすることができます。

一方、建売住宅は完成済みの住宅を土地ごと購入するものです。
すでに完成した住宅に、ライフスタイルを合わせる必要があります。

○「間取り・デザイン」の違い

注文住宅は、上にも書いた通り、こだわりを反映した“理想の家”を建てることが可能です。
法律の範囲内で、資金が許す限り、さまざまな希望を叶えることができます。

一方、建売住宅の場合、あらかじめ完成した物件やモデルルームを見学して間取りやデザインを確認することはできますが、気に入らないからといって「変更してくれ」と注文をつけることは不可能です。
気に入る物件を見つけるまで、見学を続けるしかありません。
このあたりは、建売住宅ならではのデメリットといえるでしょう。

ちなみに、購入段階で建売住宅が未完成だった場合には、希望を反映できる場合があります。
ただし、「壁紙の色を変える」など、設計に影響しない部分に限られます。

■建売住宅にメリットはある?

上記のような違いを見てみると、建売住宅は注文住宅に比べて良いところがあまりないように思われます。
実際のところ、何かメリットはあるのでしょうか?

○費用が安い

考えられる最大のメリットは、注文住宅に比べて費用を抑えられる場合が多いことです。
ハウスメーカーは、分譲地と呼ばれる住宅用の土地に複数の建売住宅を一気に建築します。
建材をまとめて仕入れ、効率よく複数の住宅を建てていきます。
そのため、建材や設備にひとつひとつこだわって建てる注文住宅よりも費用を抑えることが可能です。

○スピーディに入居できる

見学して気に入った家が見つかればスピーディに入居できるのも、建売住宅ならではのメリットといえます。
注文住宅の場合、土地を購入して地ならしをしつつ、住宅の設計を行い、予算の範囲内で完成するように微調整を行い……と、時間をかけて家を作り上げていく必要があります。
一方、建売住宅なら、すでに完成している、あるいは完成形が見えている住宅を購入するだけで済むので、「家を買おう」と思い立ってから実際に生活をスタートさせるまでの期間を短縮することができます。

■まとめ

いかがでしょうか。

【注文住宅】

メリット:間取り・設備・建材などにこだわり、“理想の家”を建てることができる。
デメリット:こだわればこだわるほど、費用や時間がかかる。

【建売住宅】

メリット:購入費用を抑えて、スピーディに入居できる。
デメリット:間取り・設備・建材などは自由に選べない。

以上が今回押さえておきたいポイントです。ぜひ参考にしていただければと思います。

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。

v