どれくらいで建つ?注文住宅が完成するまでのスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「注文住宅ってどれくらいで建つの?」という素朴な疑問にお答えしたいと思います。

実際に家族が新生活をスタートさせるまでのスケジュールを、簡単にまとめてみました。

■目安は9~13ヶ月

家を建てる「本体工事」自体は、大体3~4ヶ月で完了します。
土地をならして基礎工事を行い、さまざまな建材や職人の技術を投入し、平面の設計図を立体化していく作業が行われます。

ただし、「注文住宅を建てる=家の本体工事を行う」ではありません。
それ以前にさまざまな作業を行い、完成後もさまざまな手続きを行う必要があります。
すべてを含めると、9~13ヶ月ほどかかるというのが一般的です。

■注文住宅のスケジュール

①計画(1~2ヶ月)

注文住宅を建てるための基本的な計画を立てます。
具体的には、以下のようなことを考える必要があります。

・どこに家を建てるのか
・どのような家を建てるのか
・どの工務店に依頼するのか

周辺の環境も考慮して「ここで暮らしたい」と思える土地を見つけ、暮らしのイメージを固めます。
そのうえで、工務店を比較検討して、最も理想に合う注文住宅を建ててくれそうな業者を選びます。
もちろん、資金計画も忘れてはいけません。

②調査・設計(2~3ヶ月)

業者とともに土地の調査、注文住宅の設計を行います。
まずは「敷地調査」「地盤調査」を行い、土地が家を建てるのに適しているのか、地盤は大丈夫か確認します(地盤改良工事が必要になる場合もあります)。

そのうえで、注文住宅の設計に入ります。
「オシャレな2階建てにしたい」
「バリアフリー住宅にしたい」
「こんな設備やあんな設備を取り入れたい」
など、家族の希望をもとに完成させていきます。

③契約(2~3ヶ月)

ここまで来たら、いよいよ本体工事の前準備に入ります。
工務店と「建築請負契約」を交わし、「建築確認申請」を行って検査機関のチェックを受けます。
また、住宅ローンを利用する場合、手続きをスタートさせるのもこの時期です。

④工事・引き渡し(4~5ヶ月)

冒頭に書いたように、本体工事を3~4ヶ月ほどかけて行います。
その後は「竣工検査」「施主検査」が必要です。
完成した住宅は安全基準をクリアしているか、設備に不具合はないか見て回り、確認します。
注文住宅が完璧に仕上がっていることが確認できれば、すべて完了です。
保証書や鍵を受け取り、家族の生活をスタートさせることができます。

さて、いかがでしょうか。
注文住宅を建てるのは、なかなかの長期戦です。
家族の理想をしっかりカタチにするために、“信頼できる相棒”となる工務店を選んで戦い抜きましょう!

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。

v