ブログブログ

BLOG

ブログ

ロイマガ
憧れの「ロフト付き住宅」を作る前に知っておきたいメリット&デメリット

2020.02.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、「ロフト」です。
ロフトとは、天井を高く設定した部屋に設ける中2階風の空間。
寝室や書斎、子どもの遊び場などに使用できる便利な空間であり、普通の家とはひと味違うオシャレな空間を演出することができます。
「注文住宅をつくるなら絶対にロフトをつけたい」
そんな希望を持つ方もいらっしゃるかと思います。

というわけで、ここではロフトをつける前に知っておきたい基本知識をまとめてみました。

■「ロフト」の規定

ロフトは、建築基準法では「小屋裏物置」と呼ばれます。
さまざまな用途がある「便利で自由な空間」ですが、あくまでも定義上は「物置」であり、実は法律でさまざまな規定が定められています。

抑えておきたいポイントは2つ。
・ロフトの床面積が、ロフトがある部屋の床面積の1/2未満であること。
・ロフトの天井が1.4m以下であること。
ほかにも「床は絨毯・タイルカーペット仕上げにしないこと」「電話回線やテレビ回線を引いていないこと」などの規定がありますが、しっかり守れば非常に有効なスペースを設けることができます。

■ロフトを作るメリット

○メインの部屋を広々と使うことができる

ロフトが持つ「物置」という役割を最大限に活かすことで、リビングなどの居住空間をすっきり使うことができます。普段の生活に利用しないグッズの収納にもおすすめです。

○使い方は千差万別

規定をクリアする必要はあるものの、ロフトの使い方は住む人が自由に選ぶことができます。

たとえば、子ども部屋を作る場合。
「子供部屋は4.5畳くらいで十分」という方、家族のコミュニケーションをはかるために完全個室の部屋にしたくないという方もいらっしゃるかと思います。
ロフトは、そんな親御さんにおすすめといえます。
もちろん思春期を迎える頃には個室を与えてあげるのが望ましいといえますが、小さい頃には目が届きやすいロフトを子ども部屋(遊べるスペース)にすると便利です。

一方、大人が過ごす空間としても活用できます。
書斎スペースや、各種の趣味に徹する空間として利用することもできます。
特に男性なら、小さい頃に憧れていた「秘密基地」のような空間には心おどるものがあるかと思います。

○家族の成長にあわせて使い分け可能

ロフトは、上記のように用途を限定するものではありません。
というわけで、時間の経過とともに使い方を変えることも可能です。

たとえば、子どもが小さいうちは遊び場として活用し、子どもたちが成長して個室の子ども部屋を用意してあげる年齢になったら、普段は使わない生活グッズをしまっておく収納スペースや、お父さんが趣味を楽しむためのスペースとして活用する……など。
家族の成長に合わせ、柔軟に使い方を変えていくことができるのも、ロフトならではのメリットといえるでしょう。

○固定資産税を減らすことも可能!

不動産を所有する人が年に1回支払わなければならない固定資産税。
その金額は、延床面積の広さをもとに算定されますが、ロフトは延床面積の対象として計算されません。
そのため、もう一つ部屋を作るよりも固定資産税を抑えることが可能です。

■ロフトを作るデメリット

○費用がかかってしまう

ロフトは、キッチンやバス、トイレと異なり、住宅に必須の空間ではないため、オプション扱いとなります。
一般的に、新築の注文住宅でロフトを設置するためには100万円ほどかかる(4.5畳)といわれています。

また、前述のようにロフトには「面積の規定」があります。
「ロフト付き住宅を作りたい!」と思ったときにイメージしていた広さが実現しない場合があるのも注意点のひとつです。
事前の設計段階で、しっかり工務店と話し合ってすり合わせることをおすすめします。

○夏場は暑くなってしまう

ロフトは居住空間として設計されてないため、生活するための温度調整が難しいという場合もあります。
特に、夏場は要注意です。
温かい空気は天井に溜まる性質があるので、気温が高くなってしまいがち。
また、ロフトを設置した分だけ天井が高くなり、クーラーの効きが悪いと感じる人も少なくないようです。
寝室としてロフトを利用する場合、ロフトを設置しているメインの部屋よりも高温になることが多いので、扇風機やサーキュレーターの使用が必須になるでしょう。

■ロイヤル住建にお任せください

以上のように、メリットだけでなくさまざまなデメリットも考えられるロフトですが、ロイヤル住建はそれらのデメリットをカバーすることが可能です。
私たちが提案するロフトは、勾配天井で階段をつけないハシゴ式。1畳あたり8万円で設置できます。
相場よりもリーズナブルな価格で、憧れのロフトを作ることができます。

さらに、ロイヤル住建は独自の換気システム「空キレイズム」を導入し、夏の暑さを解消することが可能です。
「空キレイズム」は風向きに考慮した間取りや窓の位置により、スムーズに新鮮な空気を取り入れる換気システム。空気の循環がよくなることで、エアコン1~2台でも全室に冷暖房が行き渡り、夏は涼しく冬は家中ぼかぽか。光熱費も抑えつつ、快適な暮らしが実現します。

ぜひ、ご相談いただければと思います!

index