注文住宅を建てる時に気をつけたいキッチンの種類&注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは「キッチン」です。
昔から「台所は主婦の城」といいますが、最近のキッチンは「家族全員がコミュニケーションを取る場所」に変わりつつあります。
そのため、「注文住宅で家を建てるならキッチンにはこだわりたい!」という希望を持つ方も多いのです。
ここでは、基本的なキッチンの種類と、間取りを決める際の注意点についてまとめてみました。

また、最近流行している「パントリー」についてもまとめています。
憧れのマイホームを完成させるためにも、しっかり押さえておきましょう。

■キッチンの種類と特徴

○I型キッチン

コンロやシンク、作業スペースが横一列に並び、壁に接しているキッチンを指します。
多くの家庭で採用されているタイプであるため、使い慣れているという方も多いのではないでしょうか。

・キッチンの設置面積を減らせる
・各メーカーの取り扱いが多く選択肢が増える
以上がメリットとして挙げられますが、収納スペースが限られるというデメリットもあります。

○L型キッチン

コンロやオーブンスペースなどが壁側に並び、L字を描くようにシンクや作業スペースが続いているようなキッチンを指します。

家事導線が短くなることで作業効率が上がるメリットがありますが、
・I型キッチンよりコストがかかる
・間取りによっては冷蔵庫やキッチンボードを設置しにくくなる
以上のようなデメリットがあります。

○アイランドキッチン

壁に接することなく、文字通りアイランド(Island=島)のように独立しているキッチンを指します。
形はI型キッチンタイプがほとんどで、キッチン周りに家族が集まりやすいのが特徴です。
洗い物をしながら子どもの様子を見るということもできます。
また、シンクやコンロなどの作業スペースとカウンタースペースが合わさったタイプが主流であるため、作業の合間にちょっとしたコーヒーブレイクをしたりすることもできます。

■アイランドキッチンはおしゃれだけど注意が必要?

さて、以上のようなタイプがある中で、最近特に人気なのはスタイリッシュなアイランドキッチンです。
しかし、実は「コレにして失敗だったかも」という声が寄せられがちなタイプでもあります。

「リビングの中心に近い場所で調理を行うため、汚れと匂いが拡散してしまう」
「どの角度からも丸見えになってしまう」
「こまめにきれいにしておかないと、部屋全体が汚く見える」
などの声が挙がっています。

憧れている人が多いアイランドキッチンですが、デメリットを理解したうえで検討することをおすすめします。
・スムーズに換気できる設計・間取りにする
・汚れが目立たない色合いのキッチンにする
など、対策が必要です。

■パントリーにご注意

キッチンを選ぶ際、あわせて検討したいのが流行の「パントリー」。
最近はパントリーを採用している住宅が多く、間取りにあわせてさまざまなパントリーを設置できます。

○パントリーとは?

キッチン内にある収納スペースとは別に設置された「食品庫」です。
・小部屋のような大きさのパントリー
・奥行きが40cmほどのサイズで可動棚になっているパントリー
・デッドスペースを利用したパントリー
など、さまざまなタイプがあります。

○導入する際の注意点とは

パントリーの用途は主に食品の保管とされていますが、毎日使わないキッチングッズの保管にも最適といわれています。

そんな便利なパントリーですが、設置する際は「奥行き」に注意が必要です。
特に注意すべきなのは、奥行きがありすぎるパントリー。
奥に置いた物を取り出しにくくなるだけでなく、死角が増えて食品の管理が行き届かなくなる……ということも考えられます。

またパントリーは「部屋」ではないため、換気設備が整っていない場合がほとんどです。
熱やにおいがこもってしまったり、そのために食品が傷んだりすることが考えられます。
食品の管理をしやすくするためにも、奥行きは浅めに設定することをおすすめします。

■キッチンのご相談も、ぜひ私たちに!

いかがでしょうか。
今回は注文住宅におけるキッチンをテーマにお送りしました。

流行の「アイランドキッチン」や「パントリー」といったスタイリッシュで便利そうな設備も、いろいろな注意点があること、お分かりいただけたのではないかと思います。

ロイヤル住建では、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。
キッチンやパントリーのご相談も、ぜひお任せください。

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。