平屋の注文住宅を建てるメリット&デメリットを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「平屋」をテーマにお届けしたいと思います。
平屋は年々注目を集めており、老若男女問わず、幅広い層から人気の建築様式です。
これから理想のマイホームを建てようと思っている方の中にも、「平屋にしたい」という方がいるのではないでしょうか。
また、「平屋も良さそうだけど、実際のところはどうなの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。
そんな方々に向けて、平屋のメリット&デメリットをまとめてみました。

■そもそも「平屋」って何?

平屋とは1階層のみで構成された建物の造りのことで、いわゆる「1階建ての建物」を指します。
古くからある馴染み深い建築様式のひとつであり、階段がないことから主に高齢者向けとされていました。
しかし近年においては、空間を自由に使った立体的な屋根を設けたり、敷地の中心に中庭を設置したりと幅広いデザイン性が注目され、若年層からも人気を集めています。

■平屋のメリット

もちろん、オシャレな外観に仕上げられることだけが平屋の魅力ではありません。
二階建て、三階建ての住宅に比べてどのようなメリットがあるのか、以下にまとめてみました。

①ワンフロアだから生活が楽

2階のない平屋は、当然ながらすべての部屋・設備が同じフロアにあります。
そのため動線が短く、効率よく家事や移動をすることができます。
また、掃除をするにしても横の移動だけで済むので、階段を昇り降りしない分、手間や負担を大きく減らすことができるでしょう。

②家族間のコミュニケーションを取りやすい

上階のある住宅は家族が上下に分断されやすく、コミュニケーションを取る時間が減ってしまいます。
また、間取りによっては互いに顔を合わせる頻度も減ってしまうでしょう。

一方、平屋なら全員がワンフロアで生活するため、自然にコミュニケーションを取る機会は増えます。
玄関と各自の部屋を結ぶ動線がリビングを通る間取りにすれば、毎日必ず顔を合わせることもできます。

③老後や子育ても安心

歳を重ねるにつれて、階段を昇り降りするだけで体にかなりの負担がかかります。
また、足腰が弱まり、段差を踏み外すことで大怪我をしてしまうことも考えられるでしょう。
その点、階段のない平屋であれば、そのような心配をすることなく安心して老後を過ごせます。

また、
・いつでも家族が視界に入りやすい
・段差から落ちる心配がない
ということで、育児がしやすいのも大きなポイントです。
子育て中はなかなか子供から目を離すことができず、家事がなかなか進まないこともあるでしょう。
しかし平屋なら、常に子供の様子を確認しつつ家事を進めることができます。
また子供にとっても、パパやママが常に視界に入ることで安心感を得られます。

④耐震性や通気性に優れている

階層のある縦に長い住宅は、地震による揺れが大きくなりやすいという欠点があります。
それに比べて横に長い平屋は衝撃が分散されやすく、揺れを大幅に抑えることができます。

また、2階がない分、大きめの窓を複数設置したり天井を高くしたりといったことをしやすく、風通しの良い設計が容易な点も大きな魅力といえるでしょう。

■平屋のデメリット

このようにさまざまなメリットがある平屋ですが、一方でデメリットもあります。
たとえば、間取りをきちんと考えなければいけない点もそのひとつです。
ワンフロアに必要な部屋、設備すべてを収める必要があるため、間取り決めは慎重に進めるべきでしょう。
十分に確認しないまま間取りを決めてしまうと、いざ住み始めてから不便を感じることになりかねません。
また、周辺の環境や建築デザイン次第では、日当たりを確保しにくい点にも注意が必要です。
なるべく高い建物の近くに建てないようにする、中庭を設けてすべての部屋にまんべんなく日が差すようにする、といった点を工夫するといいでしょう。

そのほかにも、
・シンプルな構造になりやすく、防犯にやや不安がある
・家族間のコミュニケーションを取りやすい反面、プライバシーが守られにくい
・一定以上の敷地面積を確保する必要がある
といった点がデメリットとして挙げられます。

いかがでしょうか。
今回は注文住宅を平屋にするメリット&デメリットをそれぞれまとめました。
住みやすさや老後のことも考えたい方にとってはピッタリの造りですが、建てる際は慎重に間取りを決める必要があるでしょう。
ロイヤル住建では、豊富な知識と経験を持つスタッフがお客様それぞれにピッタリのプランを提案させていただきます。気になる点やご不明な点がありましたら、まずは気軽にご相談ください。

最新の記事はこちら

新築・注文住宅だけでなく
店舗やリフォームもロイヤル住建へ

オスカー認定

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。