ブログブログ

BLOG

ブログ

社長ブログ
バルコニーは要らない 部屋干しを見直せる家

2015.04.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは^^

先日、KBS京都 京BIZの番組に出させて頂きました 緊張しましたー

 

【外で干すのは良くない】

 

昨今、バルコニーは当然についてくるものになってしまってます。

さて、本当にそれでよいのでしょうか

バルコニーの主な使い道は、洗濯、布団干し などがうかがえますが、

実は外に干すのはあまりお勧めしてません。

まず、大気汚染物質が衣類や、布団についてしまうことが簡単に想像できます。

花粉や、排気ガス、PM2.5など、人体にはあまりよくないものばかり

冬は寒い中、わざわざ外に出て干さなくてはいけない 雨がふったらかわきにくい、雪の日はもってのほか

雨が降ったときは、中に干してファンヒーターやエアコンで一生懸命乾かす 大変です^^;

太陽光に当てたいというのもよく聞きますが、わざわざ外に干す必要はありません。

大きな窓や、天窓をつければよいです。

 

【バルコニーはメンテが大変】

そして、バルコニーはメンテナンスが悪いのです。屋根が無い場合、雨、風がもろに直撃しやすい場所 

ホコリも溜まりやすく、掃除をマメにしなければ、真っ黒になり樋のつまりにもつながってしまいます。

また、防水はFRPというものが多いのですがこれも太陽や、風にあたり劣化しやすいのでメンテナンス費用が

よくかかります。また、見えないところで防水が切れてしまい、構造躯体に悪影響を及ぼしかねず、

シロアリの発生にも繋がる可能性があります。

この画像を見ればよくわかりますが、完全に腐ってしまってます。

この腐った木材が飛散することも考えられ、小さなお子様に大きな影響を与えてしまいます。

見えないところでこのような実態が進んでおり、欠落してしまう可能性もでてきます。

上記の事から、当社はバルコニーは推奨してません。

つまり、部屋干しができる場所をつくり、どんどん干してもらいます。

当社の家は、汚れた空気は使い捨て 常に一方通行で排気をしますので、嫌な生活臭がしません

ですから、部屋干し特有の臭いはありません。

冬は加湿器替わりにもなるので一石二鳥です。

強いてつけるとすれば、デザインの一つで考えます。

雨も雪も風も大気汚染物質も気にせずいつも同じように乾かせることができれば、うれしいですよね^^

胸を張ってバルコニーは要らない!といえるのは当社のつくる空キレイズムの家だからこそ

是非モデルハウスで体感してください^^

 

空キレイズムの家は

夏涼しく 冬暖かい

結露させない

ヒートショックの可能性をゼロにします

シックハウスの症状を軽くします

省エネルギーに大きく貢献します

 

ZEH BELS パッシブハウス 長期優良住宅 低炭素住宅 耐震工法

狭小地 リノベーション 店舗 マンション 福祉施設 にも対応しています

 

資金相談  間取り相談  リフォーム相談 宿泊体験 モデルハウス見学

お気軽にお問い合わせ下さい

 

京都 滋賀 大阪 の注文建築は

高性能住宅 高気密高断熱 地中熱利用高性能換気 空キレイズムの家

百年の家Project  株式会社ロイヤル住建

代表取締役 岡田 正幸

index