1. トップ
  2. ブログ
  3. 【プロが教える】住宅購入の流れと自分に合う工務店を見つける方法についてpart②
ブログブログ
BLOGブログ
スタッフブログ

【プロが教える】住宅購入の流れと自分に合う工務店を見つける方法についてpart②

2021.09.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!

このブログは前回の続きになりますので、こちらを【プロが教える】住宅購入の流れと自分に合う工務店を見つける方法についてpart①ご覧になってからご覧ください!

では本日は続きからいきます。

【目次】

4. 購入申し込み集

5.住宅ローンの事前申し込み

6. 土地の契約(重要事項説明、売買契約書)

7. 間取りの本格的な打ち合わせ〜内装選び

8. 着工〜竣工

9. 決済

10. 引き渡し〜入居

11. まとめ

 

 

4. 購入申し込み

さぁ工務店の絞り込みが終わったら遂に申し込みです。

気に入った土地に購入申込書を入れましょう!

会社によっては、数万程度のお金を預ける必要がある可能性もありますので、ご注意を。

◆ 購入申込書を入れる際のポイント!

【購入申し込み書とは】‥不動産購入申込書とは、その物件を購入することを売主に対して明確に意思表示するものです。 書面に購入したい条件等を記述して提出し、売主に意思表示すること。

【購入申込書の安易な取り下げは絶対にやめよう】‥買付証明書が提出されると、仲介業者は売主に連絡をしたり、価格交渉のための資料作りをしたりといった活動を行いますので、営業経費が発生します。買付証明書を取り下げても、もちろん違約金は発生しませんが、仲介業者に無駄な手間を掛けさせたり、売主の期待を損ねることにもなります。合理的な理由のない理不尽なキャンセルを繰り返していると、仲介業者の信頼も失い、やがてはマークされ始めることにもなりかねません。買付証明を取り下げる際は、きちんと理由を伝えて、仲介業者や売主との信頼関係を壊さないようにしましょう。

 

5.住宅ローンの事前申し込み

土地、建物が決まっていれば大まかな資金計画は出来ているはずです。

そうなれば、自分が資金をローンとして借入することが出来るのかですよね。

ローンについては、営業マンが基本お手伝いをしてくれるので、そこまで詳しくなる必要はありませんが、絶対に知っておいたほうがいいことがありますので、

それは下記のブログに書いておりますので、ご覧ください。↓

住宅ローン審査は住宅ローンを組む約5年前からされています① / 住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

住宅ローンの基礎知識(返済比率)②/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

住宅ローンの金利交渉の仕方③/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

◆  住宅ローンのポイント!

【自分の借りれる最長の期間で借りる!】‥今の最長期間は35年ローンです。35年組めるなら35年で組んだ方が有利に審査が進みます。借入年数を縮めると「返済比率」下がってしまい、審査が厳しく見られてしまいます。お気を付けください。

【車のローンは消しておきましょう】‥意外に知らい方が多いのですが、車のローンは住宅ローンを組む際に、かなりの確率でローンを抹消してくださいと条件がつくことがあります。

車のローンは、組んでも構いませんが、住宅ローンを組むまでに必ず全額返済出来るように計画を立てて住宅ローンに挑みましょう!

【キャッシング機能のついているカード何枚持っていますか?】‥4枚以上持っている方は赤信号です。4枚以上持つと、各カードに付いているキャッシング上限額が実際に借りている金額と計算されることがあります。あまりに多くキャッシングカードを持っている場合は事前に解約しておきましょう。

 

6. 土地の契約(重要事項説明、売買契約書)

さぁ遂に契約です。

しっかりと説明を聞いておきましょう。

印を押す前に自分の土地の情報を理解しておくことで、その後の建物打ち合わせもスムーズにいきますので、分からない部分があれば建築会社に確認しましょう。

 

◆  土地契約のポイント!

【道路境界、隣地境界のポイントは必ず確認しよう!】‥建築する際に、境界は必ず必要になります。境界をハッキリさせないと建築してから越境しているなんて問題になるケースもあります。確認を行える土地は境界を確認しましょう。

【ライフラインの確認はしましたか?】‥上下水、電力、ガスなど、建築する際に引き込み、新設などに大幅に費用のかかる部分については、事前に確認を行いましょう。

 

7. 間取りの本格的な打ち合わせ〜内装選び

土地の手続きは全て完了しましたね。

では次は建物を本格的に決めていく間取り打ち合わせの作業に入ります。

建築会社の設計士と土地に対して、どういう家を建てるのか、細かく打ち合わせを行いましょう。

 

◆ 間取り打ち合わせのいポイント!

【要望は細かく伝える】‥設計士もプロですが、お客様から細かいライフスタイルを聞かないといくら設計士とはいえ、忠実にライフラインに沿った間取りを描くことは不可能です。

細かい希望、家族のライフスタイルを事細かに伝えて間取りを作成してもらいましょう!

【専門用語を覚える】‥間取りには様々な専門用語が出てきますので、覚えておいた方が、しっかりと理解をして進めることができます。

設計士が細かく説明をしてくれるとは思いますが、家に帰ってから見ても思い出せない‥なんてことはよくありますので、しっかりと覚えてからいくことをお勧めします。

SUUMOで間取りに関する専門用語一覧がありましたので、こちらをご覧ください「間取り・部屋に関する用語一覧」

 

8. 着工〜竣工

間取りも外装、内装が決まれば、いよいよ着工です。

着工から竣工までは平均3ヶ月ぐらいを目処で建築する会社がほとんどです。

9. 決済

住宅が完成すれば、決済を行います。

銀行にてウン千万動く日になり、建物の名義が自分の名義に変わる日です。

10. 引き渡し〜入居

さぁ長かった住宅購入までの道のりはこれでこれで完結です。

建築会社から新しい鍵を貰って、入居前チェックを行い、いざ入居!

 

11. まとめ

さて【プロが教える】住宅購入の流れと自分に合う工務店を見つける方法についていかがだったでしょうか?

今まさに家を探している最中だ!なんて人もいらっしゃると思いますが、住宅購入は本当に手間の掛かることですよね。

だからこそお尻が重くなって動けなくなっている人もいるんじゃないでしょうか?

ご安心下さい。そのためにプロがいますので、自分で調べながらもリードしてもらいましょう!

お家探しは縁のものってよく言います。これだ!と思ったら迷わずいきましょう!機を逃すと長年探すはめになって諦める人もいるぐらいですから買えないぐらいなら思い切りも大事です!

大きな買い物ですから慎重に尚且つ大胆に行きましょう!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家の様々な知識や、家造りに必要な役立つブログや、Youtube動画もUPしておりますので、そちらもご興味があればどうぞご覧ください(*´ー`)ゞ

 

 

《 スタッフブログ 》

 

① 住宅に使用する窓ガラスの種類はどれがいいのか【断熱ガラス、遮熱ガラスの間違った使い方】

 

② ダウンライトは絶対駄目!プロが教えるダウンライトの危険性 

 

③ 住宅ローン審査は住宅ローンを組む約5年前からされています① / 住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

④ 住宅ローンの基礎知識(返済比率)②/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

⑤ 住宅ローンの金利交渉の仕方③/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

⑥ 結露を止める方法

 

《 Youtube動画 》

 

①【ルームツアー】アスレチックのある家!4LDK、55坪の二階建てをご紹介!!

 

②【超高性能住宅】ロイヤル住建が建てる超高性能住宅「空キレイズム」を徹底解説!!【社長】

 

③【Uber eats企画】ガールズトークに社長混ぜてみた Episode1/2

 

④【Uber eats企画】ガールズトークに社長混ぜてみた Episode2/2

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒607-8146 京都府京都市山科区東野舞台町47−3

 

index