1. トップ
  2. ブログ
  3. 高性能化リノベーション専門店 ロイヤルさんのリノベ
ブログブログ
BLOGブログ
社長ブログ

高性能化リノベーション専門店 ロイヤルさんのリノベ

2021.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりすぎの岡田です こんにちは!

お客様の役に立ちたい!何かないですか!お任せくださいよ!

京都の高性能リノベーションはロイヤルで決まり!

最近、現場に出る事が多くなかなかブログに登場することができませんでしたが、ようやく登場できました

さて、今回は前回に引き続きリノベーションのお話

性能の高い家が欲しい!けど土地と新築の家だと予算が足りない・・・・

家はあるからリノベしたい!

という方に朗報です!

リノベーションで中古住宅や今お住まいの古い建物の断熱気密耐震改修を提案

当社は超高性能住宅を得意とする会社ですが、中古住宅などのリノベーションでもその力を発揮します

断熱性能を引き上げる、断熱改修のリノベーション 加えて、耐震強度の向上のリノベーションを行います

まずは、耐震診断と温熱環境のチェック  とはいえ、建てる年代でその時の耐震基準 省エネ基準が決まってますので、

大体のお家は年代で分かります 手抜き工事などされてたらまずいのでしっかりと調査をさせて頂きます

耐震診断 当社は私を含めて耐震診断士が3名いますのでご安心ください 国の基準に則って今のお家を

点数方式で評点します

断熱性能診断 こちらも当社は高性能住宅を研究し続けてるので、どんな断熱材が何ミリで入ってるとかで

性能が分かりますのでこちら含めてご安心ください

リノベーションは構造を変えたり、間取りを変えたりする事が多いと思うのですが、やっぱり今の時代は耐震だけでなく、

断熱気密という性能向上も考えるリノベーションも考えないといけません

なので、耐震診断、性能診断が必要になるのです

注意したいところ

注意したいところは、古すぎる家・・・なんですが、昭和56年に新耐震基準が建築基準法で定められました

それ以前の建物は、基礎のコンクリートが鉄筋が入っていないなどありますので費用がかさむ可能性が大いにあります

なので、建築された年数をしっかりと把握しておきましょう

次に値段 こちらまったくわかりませんよね・・・

新築で高性能住宅を建てようとすれば、床面積坪あたり60万円 あるいはもっと高い設定のところもあります

新築だったら簡単だよねーと思われがちですが、リノベも同じで坪計算で出せるので安心して資金計画を出せます

しかも、お値打ち価格で当社は提案ができますので強みの一つですね!

地元密着の工務店だからこそできる技です

価格がわかりずらいというところが注意点ですが、当社はパック仕様で提案しますので大丈夫!!ばっちこい!!

後は、親から譲り受けたお家の名義も見ておかなくてはいけません

相続にあたりますから、贈与税などかかってくる場合もありますからしっかりと調べましょう

兄弟がいれば揉めてしまいますので!

 

ということで、山科にリノベモデルハウスの建築がスタートします

またご報告させて頂きますね!

 

《 スタッフブログ 》

 

① 住宅に使用する窓ガラスの種類はどれがいいのか【断熱ガラス、遮熱ガラスの間違った使い方】

 

② ダウンライトは絶対駄目!プロが教えるダウンライトの危険性 

 

③ 住宅ローン審査は住宅ローンを組む約5年前からされています① / 住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

④ 住宅ローンの基礎知識(返済比率)②/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

⑤ 住宅ローンの金利交渉の仕方③/住宅ローンを組む前に必ず知っておきたい事

 

⑥ 結露を止める方法

 

《 Youtube動画 》

 

①【ルームツアー】アスレチックのある家!4LDK、55坪の二階建てをご紹介!!

 

②【超高性能住宅】ロイヤル住建が建てる超高性能住宅「空キレイズム」を徹底解説!!【社長】

 

③【Uber eats企画】ガールズトークに社長混ぜてみた Episode1/2

 

④【Uber eats企画】ガールズトークに社長混ぜてみた Episode2/2

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒607-8146 京都府京都市山科区東野舞台町47−3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

index