オウチ訪問

実際にロイヤル住建のオウチに住まれてる方々に訪問してきました。
それぞれの想い、こだわりがあります。是非一度御覧ください。

07

「あったらいいな!」全部叶えたパパもママもイキイキ笑顔になるおうち

「住む人も、お家も、ずっと健康で100年間住み続けられる家」この言葉が印象的だとおっしゃるご主人。お子様の成長や家族の将来のことを踏まえた家造りをされたA様のお宅へお邪魔してきました。

POINT

小さなお子さんがいるAさんご家族。
子育てはもちろんだけど、自分の趣味も楽しみたい!
そんな「あったらいいな!」を叶えました。

おうちにお邪魔するとまず、出迎えてくれたのはちょこんと並んだ小さなかわいい靴。そしてたくさんのお気に入りのおもちゃたち。よちよち歩きのお子さんがいるAさんご家族のお家は、窓辺には手作りのフラッグガーランドが飾られ、まるで可愛らしいカフェのよう。子育てグッズとセンスの良い小物が絶妙なバランスで家を彩っていました。

日々の生活が楽しくなる、趣味を存分に満喫できる家。

「子育てがしやすい家、というのはもちろんのことですが、お家をカフェのように可愛く飾りたい!という夢は、絶対に叶えたかったんです。」そう語るのは、笑顔が素敵な奥様。その言葉通り、DIYが趣味の奥様は、部屋のインテリアに合わせて、なんと家具まで手作りをしちゃうそうなんです!さりげなく飾られる小物や、こだわりのカトラリー、階段の一面だけカラーリングを変えるなど、奥様のセンスが随所にうかがえます。

そして、こんなお家にしたい! というこだわりを持っていたのは 奥様だけではなく、ご主人も。趣味のギターを思う存分楽しめる「スタジオ」を自宅に作っちゃったんです。休日には、思う存分、この部屋で音楽を楽しむのだとか。「自宅にいながら、音楽ができる。ギターを弾いていると時間を忘れちゃいますね」そう言いながら、自慢の曲を披露してくださいました。

「住む人も、お家も、ずっと健康で100年間住み続けられる、という言葉が印象に残っているんです」とご主人。ゆくゆくは2世帯住宅にすることも視野に入れているそう。家族の成長に伴って、お家もそのカタチを変えてゆくんですね。

オウチ訪問リスト

京都の優良中小企業が、京都府から受けられるオスカー認定というものに、当社が選ばれました。「一次審査(書類審査)及び認定審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。下記リンク先の視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待される企業について「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

※オスカー認定京都で、年に10社ほどしか選ばれず、狭き門となっており、工務店という業種では弊社が初めてになります。